野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

次戦も難敵 “台湾の大谷”は16歳で155キロ? 昨年末には大阪桐蔭封じる

宮崎市内で開催されている「第12回 BFA U18アジア選手権」は6日、休養日となり、試合は行われなかった。侍ジャパンU-18代表は7日のスーパーラウンド初戦チャイニーズ・タイペイ戦に向けて、約1時間半の練習を行った。その後、中国も練習を行ったが、その一方で韓国、チャイニーズ・タイペイは練習を行わず、休養に充てた。

大阪桐蔭から侍ジャパンU-18代表に選出されている中川・柿木・根尾・藤原・小泉(左から)【写真:荒川祐史】
大阪桐蔭から侍ジャパンU-18代表に選出されている中川・柿木・根尾・藤原・小泉(左から)【写真:荒川祐史】

昨年末に大阪選抜を抑え込んだ台湾の右腕リ・チェンシュン

 宮崎市内で開催されている「第12回 BFA U18アジア選手権」は6日、休養日となり、試合は行われなかった。侍ジャパンU-18代表は7日のスーパーラウンド初戦チャイニーズ・タイペイ戦に向けて、約1時間半の練習を行った。その後、中国も練習を行ったが、その一方で韓国、チャイニーズ・タイペイは練習を行わず、休養に充てた。

アジアで勝つために―育成のスペシャリストが侍ジャパンU-18代表の戦いに見た、課題と収穫(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 5日のオープニングラウンド最終戦で韓国に敗れた侍ジャパンU-18代表。この敗戦は次のスーパーラウンドまで引き継がれ、同ラウンドは1敗の状態でスタートする。そのため、7日のチャイニーズ・タイペイ戦に敗れると2敗となり、決勝進出は限りなく厳しくなり必勝が求められる、重要な一戦となる。

 アジアの頂点を目指すこの大会で、チャイニーズ・タイペイは韓国とともに、日本のライバルと目されている。過去11回で、優勝したのは、この3か国だけ。日本が最多の5回、韓国が4回頂点に立っているが、チャイニーズ・タイペイも2001年、2007年で優勝。2016年の前回大会も準優勝している。

 グループBを3連勝で突破してきたチャイニーズ・タイペイは、どのようなチームなのだろう。昨年末に行われた「日台国際親善野球試合」。大阪選抜(と言っても、大阪桐蔭から18人がメンバー入り)として台湾に遠征した藤原恭大が、その時の印象を語った。

「すごくいい投手で桐蔭の打線も全然打てなくて、その時よりも凄く良くなっていると聞いています。真っ直ぐがすごく速くて、その時は147、8キロだったんですけど、今は155くらいまで出るって聞いているんで。前でも全く打ってなくて、ジャパンでも厳しい展開になるんじゃないかと考えています。デカくて、柔らかい感じのピッチャーですね」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」