野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 靭帯再負傷の大谷、最高のシナリオは…米記者が医師の証言からプラン示す

靭帯再負傷の大谷、最高のシナリオは…米記者が医師の証言からプラン示す

エンゼルスの大谷翔平投手は、右肘に新たな靭帯損傷が見つかり、靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)を推薦されていると5日(日本時間6日)に球団が発表した。直後に行われた同日の敵地レンジャーズ戦では、2本塁打を含む4安打、1盗塁と打者として大暴れした二刀流右腕。いったい、来季以降どのような形でプレーすることになるのか。米国の名物記者が医師の証言をもとに占っている。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

医師が証言、手術でも2019年は「レギュラーのDHとしてプレー可能」

 エンゼルスの大谷翔平投手は、右肘に新たな靭帯損傷が見つかり、靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)を推薦されていると5日(日本時間6日)に球団が発表した。直後に行われた同日の敵地レンジャーズ戦では、2本塁打を含む4安打、1盗塁と打者として大暴れした二刀流右腕。いったい、来季以降どのような形でプレーすることになるのか。米国の名物記者が医師の証言をもとに占っている。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

「ショウヘイ・オオタニがトミー・ジョン手術を受けた場合、2019年シーズンにどのようなプレーができるだろうか?」とのタイトルで記事を掲載したのは、米ヤフースポーツ。執筆しているのは、オープン戦で適応に苦しんだ大谷を酷評しながら、開幕後の大活躍を受けて一転して“公開謝罪”したジェフ・パッサン記者だ。

 同記者はまず記事の中で「まだ『ベストプレーヤー』ではないが、ショウヘイ・オオタニは確かに世界中で最も才能に溢れた野球選手である。彼には極めて優れたレベルの投打の能力が備わっている」と指摘。開幕直後から上がり続けている大谷への評価は、もはや絶大なようだ。そのうえで「そのため、水曜日の(トミー・ジョン手術が推奨されたという)ニュースは球界に大きな驚きをもたらした」と、新たな靭帯損傷発覚のショックは大きかったと強調している。

 投手としてのキャリアを続けるなら、手術は避けられない。記事では「オオタニは、彼が肘の手術を受けるべきだというエンゼルスの勧めにほぼ間違いなく耳を傾けるだろう」と推測。そして、トミー・ジョン手術を頻繁に行っている4人の医師たちが「彼の手術が複雑でないということが前提だが、24歳のオオタニは2019年シーズンにレギュラーのDHとしてプレーできると考えている」という事実も紹介している。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」