野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、本塁突入で右太もも打撲 明日以降の出場は様子を見て判断と米報道

大谷翔平、本塁突入で右太もも打撲 明日以降の出場は様子を見て判断と米報道

エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、敵地ホワイトソックス戦で9回に本塁で交錯するアクシデントに見舞われた。

本塁で相手投手と交錯したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
本塁で相手投手と交錯したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

三塁走者だった9回に相手投手の暴投で一気に生還

 エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、敵地ホワイトソックス戦で9回に本塁で交錯するアクシデントに見舞われた。右足を引きずるようにダグアウトへ引き上げたが、試合後、地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のジェフ・フレッチャー記者は、自身のツイッターで大谷は右太ももを打撲し、今後の試合出場は日々の様子を見て判断すると伝えた。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 6-3で迎えた9回無死満塁の第5打席。大谷は右翼線ギリギリに入る走者一掃の三塁打を放った。その後、相手投手の暴投で一気に本塁へ滑り込んだが、ベースカバーに入った投手の膝が大谷の右膝内側を直撃。たまらずホーム上で悶絶した。ソーシア監督とトレーナーらに付き添われ、足を引きずるようにベンチへ戻り、故障が危惧されていた。

 試合後、フレッチャー記者は自身のツイッターを更新。「ショウヘイ・オオタニは本塁での交錯で右太ももを打撲。日々の様子を見る」と報告。さらに「オオタニは大丈夫だと言っている。ソーシア監督が先発ラインナップに書き込めば、明日もプレーできると言っている」と伝え、大谷自身は軽症を強調しているとした。

 4戦連続ホームランは逃した大谷だが、2安打3打点2得点1盗塁の活躍でチームの勝利に大きく貢献。足の様子が気になるが、大事に至らないことを願いたい。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」