野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、右脚打撲の不安払拭する“快足二塁打” 7戦連続安打も三盗は失敗

大谷翔平、右脚打撲の不安払拭する“快足二塁打” 7戦連続安打も三盗は失敗

エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地ホワイトソックス戦に「4番・DH」でスタメン出場。8回の第4打席に二塁打を放った。これで7試合連続安打。スタメンでは10試合連続安打と好調を維持している。

「4番・DH」で先発出場しているエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
「4番・DH」で先発出場しているエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

スタメンでは10試合連続ヒット、三盗はチャンレンジで判定覆り失敗

 エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地ホワイトソックス戦に「4番・DH」でスタメン出場。8回の第4打席に二塁打を放った。これで7試合連続安打。スタメンでは10試合連続安打と好調を維持している。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 大谷は0-0の1回2死一塁の場面で打席へ。ここは相手先発右腕ロペスのチェンジアップのチェンジアップに空振り三振。4回は四球も後続が倒れて得点にはつながらず。6回は中飛に倒れた。

 しかし、1-0となって迎えた8回1死走者なしの場面で迎えた第2打席では、4番手ミナヤのチェンジアップを右中間に運んだ。快足を飛ばして一気に二塁に到達。前日の右脚打撲の影響を感じさせない走塁を披露した。続くアップトンへの4球目で三盗。1度はセーフと判定されるも、ホワイトソックスがチャレンジして判定が覆り、惜しくもアウトとなった。。

 今季18度目のマルチ安打を記録した8日(同9日)には、9回に本塁突入した際に相手投手と交錯した大谷。右太ももを打撲したものの、一夜明けても問題はなく、5試合連続でスタメンに名を連ねていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」