野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・東浜、長期遠征の初戦で先発 楽天を警戒「相手もプロ。順位は関係ない」

ソフトバンクの東浜巨が11日の楽天戦に先発する。チームはオリックスに連勝して9月に入っても5勝2敗と好調。東浜は「しっかり流れをつないでいきたい」と気合も十分だ。

ソフトバンク・東浜巨【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・東浜巨【写真:藤浦一都】

11日から8試合の遠征「しっかり流れをつないでいきたい」

■楽天 – ソフトバンク(11日・楽天生命パーク)

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 ソフトバンクの東浜巨が11日の楽天戦に先発する。チームはオリックスに連勝して9月に入っても5勝2敗と好調。東浜は「しっかり流れをつないでいきたい」と気合も十分だ。

 8月に1軍に復帰してからは4試合で2勝0敗。8月28日のロッテ戦では勝ち星こそつかなかったものの、5回1/3を1失点と投球は安定している。それでも東浜は「チームの状態が良くて勝ちをつけてもらっているだけで、個人としてはまだまだ見直す余地はあります」という。
 
 首位・西武と4ゲーム差という中で、8試合に及ぶ遠征の頭を任される。東浜は「長い遠征と言っても、野手や中継ぎの皆さんの方が大変。順位が確定しているわけじゃないので、少しでも上を目指していくために、しっかりと足元を見ながらやるだけですね。追うよりも追われる方がプレッシャーの度合いが違うと思います」と、いつもどおりに自分が任された試合で全力を尽くす。

 仙台での登板は今季初となるが「マウンドは低めだと思うし、球場そのものも独特の雰囲気があります」と語る。楽天は最下位に沈んでいるが「相手もプロ。順位は関係ないです。今は若手も出ていて勢いがあるし、不用意にいくとガンガン振ってくるので気をつけたい」と警戒していた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」