野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

スポーツビジネスの実戦を学ぶ 鎌ケ谷スタジアムで奮闘するインターン生

イースタン・リーグ試合開催日のファイターズ鎌ケ谷スタジアム。試合前の球場周辺では緑色のユニホームを着た若いスタッフが行き来する。彼ら、彼女らはファイターズ鎌ケ谷スタジアムでインターンシップを行う学生たちだ。

鎌ケ谷スタジアムではインターンシップを行う学生たちが奮闘中【写真:武山智史】
鎌ケ谷スタジアムではインターンシップを行う学生たちが奮闘中【写真:武山智史】

企画・演出など多方面で活躍

 イースタン・リーグ試合開催日のファイターズ鎌ケ谷スタジアム。試合前の球場周辺では緑色のユニホームを着た若いスタッフが行き来する。彼ら、彼女らはファイターズ鎌ケ谷スタジアムでインターンシップを行う学生たちだ。北海道日本ハムの二軍施設・鎌ケ谷はイースタン・リーグ開催時に独自で様々なイベントを仕掛け、多くのファンが足を運ぶ。さながらアメリカのマイナーリーグの雰囲気が強い。インターン生は毎年2月から活動をスタートし、スポーツビジネスの現場を実践的に学んでいる。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 通常、プロ野球球団の一軍の場合、インターン生はファンクラブ対応などある一定の領域を任されることが多いという。しかし鎌ケ谷では広報、チケット、MD(マーチャンダイジング)、営業、演出・ファンサービスと様々な部署で経験を積むことができるのが大きな特徴だ。インターン生の戸村美佳さん(明治大3年)は高校時代からスポーツ業界で仕事がしたいと志し、インターン生として奮闘している。戸村さんは鎌ケ谷でのインターンについてこう語る。

「まずスポーツ業界の裏側を見られるのはシンプルで面白いですよね。私は広報部門と演出・ファンサービス部門の2つを掛け持ちしていますが、2つの異なる部署をやらせてもらうことは役得だなあと思っています(笑)」

 広報部門の仕事ではイースタン・リーグの試合戦評、球団ホームページに掲出するイベントの告知文を作成している。その都度、球団職員からのチェックは入るが、任される部分は多い。「一インターン生ですけれども、色々と裁量を任されているのでやり甲斐を感じています」と戸村さんは言う。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」