野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

首位西武が大勝、菊池8回1失点で12勝目 山川&森&中村が豪快“トリオ弾”

西武は14日の本拠地・楽天戦に10-1で快勝した。打線が山川の38号2ラン、森の15号ソロ、中村の25号2ランなどで3回までに7点を奪取。大量援護をもらった菊池は8回2安打1失点6奪三振の好投で12勝目(4敗)を挙げた。

大勝の西武、エースの菊池が8回1失点の快投を演じた【写真:荒川祐史】
大勝の西武、エースの菊池が8回1失点の快投を演じた【写真:荒川祐史】

2位ソフトバンクに3.5差に

■西武 10-5 楽天(14日・メットライフ)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 西武は14日の本拠地・楽天戦に10-5で快勝した。打線が山川の38号2ラン、森の15号ソロ、中村の25号2ランなどで3回までに7点を奪取。大量援護をもらった菊池は8回2安打1失点6奪三振の好投で12勝目(4敗)を挙げた。

 初回、西武は浅村の適時二塁打で先制すると、続く山川が楽天先発・古川からレフトへ2ランを叩き込む。2位のソフトバンク柳田(34本)に4本差をつける一発で3-0とした。

 さらに、2回は先頭・森が右中間への15号ソロ。3回は1死から山川、栗山が四球を選ぶと、中村が25号3ラン。一発攻勢でリードを7点に広げた。

  先発・菊池は6回までわずか1安打に抑える快投。7回はオコエの内野安打からウィーラーに犠飛を浴びるも、失点はこの1点だけ。打線は7回に源田のタイムリー、8回に金子侑、秋山のタイムリーで追加点を奪取。9回は武隈が4点を失うも、西武が勝利。試合のなかった2位ソフトバンクとのゲーム差を「3.5」に広げた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」