野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、2020年は救援で投手復帰も!? 地元紙が“新二刀流”の可能性に言及

大谷翔平、2020年は救援で投手復帰も!? 地元紙が“新二刀流”の可能性に言及

エンゼルスの大谷翔平投手は2019年は打者に専念する可能性が高まっている。医師が勧める右肘靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)をするかはまだ決まっていないが、投手としての復帰は2020年になると首脳陣が明言した。そして、その場合は救援投手としてマウンドに戻る可能性もあると地元メディアが伝えている。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

2019年はマウンドに上がらない見込み、「打者・大谷」の存在が大きくなるほど…

 エンゼルスの大谷翔平投手は2019年は打者に専念する可能性が高まっている。医師が勧める右肘靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)をするかはまだ決まっていないが、投手としての復帰は2020年になると首脳陣が明言した。そして、その場合は救援投手としてマウンドに戻る可能性もあると地元メディアが伝えている。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」は「エンゼルスは焦ってオオタニを無理させるようなことはしない」との見出しで特集を掲載。ビリー・エプラーGMの「2020年は彼がマウンドに初めて戻ってくる時だ」というコメントを紹介している。では、復帰後に「投手・大谷」をどのように起用するのか。

 エンゼルスの首脳陣を悩ませるのは、「打者・大谷」の圧倒的な能力だ。大谷は14日(日本時間15日)の本拠地マリナーズ戦では4打数無安打に終わったものの、渡米後最長となる10試合連続スタメン出場を果たした。“レジェンド”のプホルスが膝の手術を受けて今季絶望となったこともあって、相手先発が左腕の試合でも起用され、結果も残している。3番・トラウト、4番・大谷と2人が並ぶラインナップは相手にとって脅威で、大谷がいないエンゼルス打線は考えづらい状態となっている。

 ただ、先発投手で二刀流を貫くなら、登板日、その前後の日と計3日間、打線に大谷がいない日が出てしまう。来年1年、打者に専念すれば、2020年の投手復帰後にその穴はさらに大きく感じるはずだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」