野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本ハム近藤が圧巻の美技! ジャンプ一番、臀部から着地もボール離さず

日本ハムの近藤健介捕手が、圧巻のスーパープレーを見せた。20日、本拠地・札幌ドームで行われたソフトバンク戦。4回、頭上を越えようかという大飛球を、ジャンプ一番で好捕した。

フェンス際でジャンピングキャッチを見せた日本ハム・近藤健介【画像:(C)PLM】
フェンス際でジャンピングキャッチを見せた日本ハム・近藤健介【画像:(C)PLM】

飛び出していた一塁走者も慌てて帰塁

■ソフトバンク 9-7 日本ハム(20日・札幌ドーム)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 日本ハムの近藤健介捕手が、圧巻のスーパープレーを見せた。20日、本拠地・札幌ドームで行われたソフトバンク戦。4回、頭上を越えようかという大飛球を、ジャンプ一番で好捕した。

 4点をリードして迎えた4回だった。ロドリゲスが先頭の中村晃に死球を与えると、デスパイネには左翼への大飛球を放たれた。この打球を懸命に追った近藤。フェンス際に張り付くと、打球の落下に合わせて、ジャンプ一番、グラブを伸ばすと、そのグラブに見事に打球は収まった。

 そのまま崩れ落ちるようにして、臀部から着地した近藤だったが、グラブに収めたボールは離さず。超ファインプレーに大きく飛び出していた走者の中村晃も慌てて一塁へと戻った。最終的には試合に敗れた日本ハムだったが、試合の流れを左右する大きなプレーだった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」