野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス嘉弥真、40試合連続自責点なし 29試合連続無失点で防御率0.89に

ソフトバンクの嘉弥真新也投手が、連続自責点なしを40試合に伸ばした。20日、敵地・札幌ドームでの日本ハム戦。同点とされた6回2死一塁でマウンドに上がり、打者1人を完璧に封じた。

日本ハム対ソフトバンクの試合経過
日本ハム対ソフトバンクの試合経過

最後に自責点を失ったのは5月24日の西武戦

■日本ハム – ソフトバンク(20日・札幌ドーム)

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの嘉弥真新也投手が、連続自責点なしを40試合に伸ばした。20日、敵地・札幌ドームでの日本ハム戦。同点とされた6回2死一塁でマウンドに上がり、打者1人を完璧に封じた。

 同点とされ、なおも逆転の走者を一塁に置いた場面でマウンドに上がった嘉弥真。左打者キラーの左腕は、中島に対し初球のストレートで空振りを奪うと、2球目はファール。そして、3球目もストレートを外角いっぱいに決めて見逃し三振を奪った。

 この回で降板となった嘉弥真は1/3回を1三振に封じて無失点。これで40試合連続自責点なしとした。嘉弥真が最後に自責点を喫したのは、5月24日の西武戦(ヤフオクD)。失点も6月19日のヤクルト戦(神宮)以降喫しておらず、29試合連続無失点となり、防御率は0.89となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」