野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックス宗が華麗なダイビングキャッチ 捕球後2回転もボール離さず

オリックスの宗佑磨外野手が、華麗なダイビングキャッチを見せた。22日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦。両チーム無得点で迎えた2回、スタンドもどよめくファインプレーが飛び出した。

ファインプレーを見せたオリックス・宗佑磨【画像:(C)PLM】
ファインプレーを見せたオリックス・宗佑磨【画像:(C)PLM】

前方への飛球にダッシュで突っ込むと、頭からダイブ

■ソフトバンク – オリックス(22日・ヤフオクドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 オリックスの宗佑磨外野手が、華麗なダイビングキャッチを見せた。22日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦。両チーム無得点で迎えた2回、スタンドもどよめくファインプレーが飛び出した。

 先発の山岡が、先頭のグラシアルを空振り三振に仕留め、打席には上林。1ボール2ストライクからの4球目を捉えた打球は中堅前方への浅いフライとなった。これにダッシュして突っ込んできた宗は頭からダイビングしながらグラブを伸ばすと、地面スレスレのところで見事にキャッチ。そのまま、2回転したが、ボールを離すことはなかった。

 宗のファインプレーに救われた右腕だったが、その後、松田、甲斐、高田に3連打を浴びて2失点。3回にも中村晃に左前安打を許すと、デスパイネに復帰後初アーチとなる26号2ランを許し、オリックスは4点をリードされている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」