野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

対戦打率は.750! ホークス甲斐が得意のオリ山岡から2本のタイムリー

ソフトバンクの甲斐拓也捕手が、お得意様を沈めた。22日、本拠地ヤフオクドームでのオリックス戦。相手先発の山岡から2回に先制の適時二塁打、6回にもリードを広げる適時二塁打を放ち、2安打2打点と活躍した。

第1打席でタイムリー二塁打を放ったソフトバンク・甲斐拓也【画像:(C)PLM】
第1打席でタイムリー二塁打を放ったソフトバンク・甲斐拓也【画像:(C)PLM】

2回に先制の適時二塁打を放つと、6回にもダメ押しの適時二塁打

■ソフトバンク – オリックス(22日・ヤフオクドーム)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 ソフトバンクの甲斐拓也捕手が、お得意様を沈めた。22日、本拠地ヤフオクドームでのオリックス戦。相手先発の山岡から2回に先制の適時二塁打、6回にもリードを広げる適時二塁打を放ち、2安打2打点と活躍した。

 2回、2死から松田が二塁打を放って出塁すると、甲斐は右翼へ鋭いライナーを放った。この打球に対し、右翼の小田が一度、前進し頭上を越されるボーンヘッド。先制の適時二塁打となると、続く高田の中前適時打で甲斐も生還し、この回2点を奪った。

 さらに4点リードで迎えた6回には二塁打で出塁した上林を二塁に置き、再び甲斐が右翼の小田の頭上を越す適時二塁打。リードを5点に広げた。続く高田に四球を与えたところで、山岡はノックアウトとなった。

 この試合前まで甲斐は山岡に対して5打数4安打と好相性。この日も3打数2安打2打点と相性の良さは変わらず、8打数6安打で対戦打率は.750となった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」