野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、2戦ぶり一発で自己最多タイ22号 日本人シーズン本塁打単独5位浮上

大谷翔平、2戦ぶり一発で自己最多タイ22号 日本人シーズン本塁打単独5位浮上

エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地レンジャーズ戦で「4番・DH」で21試合連続スタメン出場。第1打席は空振り三振、第2打席で右前適時打、第3打席は一ゴロ、第4打席で左翼席へ22号ソロを放った。

22号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
22号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

日本ハム時代の同僚マーティンから左翼席へ勝ち越しソロ

 エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地レンジャーズ戦で「4番・DH」で21試合連続スタメン出場。第1打席は空振り三振、第2打席で右前適時打、第3打席は一ゴロ、第4打席で左翼席へ22号ソロを放った。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 相手先発は今季2勝2敗、防御率6.04の成績を残す左腕ヨハンダー・メンデス。初回の第1打席は内角低めの変化球にタイミングが合わず空振り三振に倒れた。

 それでも1点を追う4回。無死二塁で迎えた第2打席で一、二塁間を破る打球速度105.9マイル(約170キロ)を計測する右前タイムリーを放ち58打点目を記録した。6回の第3打席は左腕スプリングスと対戦し一ゴロに倒れた。

 2-2の同点の8回。1死走者なしの場面で第4打席を迎えた大谷。日本ハム時代に同僚だった右腕マーティンと対決。2ボール2ストライクからの6球目を捉えた打球は左翼席へ飛び込む勝ち越しの22号ソロとなった。

 大谷は25日(同26日)の同戦の第3打席で中前に運ぶ同点打を放ち、2試合連続ヒットを記録。日本ハム時代の2016年にマークした自己最多タイの22号となった。さらに2010年の松井秀喜氏のシーズン21本を抜き日本人メジャー歴代単独5位に浮上した。

日本人メジャーのシーズン本塁打トップ5

2004年 31本 松井秀喜
2009年 28本 松井秀喜
2007年 25本 松井秀喜
2005年 23本 松井秀喜
2018年 22本 大谷翔平

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」