野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • デグロムが完璧8回無失点で10勝目 勝ち越し&通算1000奪三振でCY賞へ前進

デグロムが完璧8回無失点で10勝目 勝ち越し&通算1000奪三振でCY賞へ前進

防御率でMLBトップに立つメッツのジェイコブ・デグロム投手が26日(日本時間27日)、今季最終先発となった本拠地ブレーブス戦で10勝目(9敗)を飾った。8回2安打無失点10奪三振と完璧なピッチングを見せ、最後の最後に2桁勝利に乗せ、勝ち越してシーズンを終えた。

10勝目を飾ったメッツのジェイコブ・デグロム【写真:AP】
10勝目を飾ったメッツのジェイコブ・デグロム【写真:AP】

24試合連続QSで自らのMLB記録も更新

 防御率でMLBトップに立つメッツのジェイコブ・デグロム投手が26日(日本時間27日)、今季最終先発となった本拠地ブレーブス戦で10勝目(9敗)を飾った。8回2安打無失点10奪三振と完璧なピッチングを見せ、最後の最後に2桁勝利に乗せ、勝ち越してシーズンを終えた。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 この日の勝利で、自らが更新中のMLB記録、連続クォリティスタート(QS、6回以上を投げ自責点3以下)を24試合に伸ばした。さらに、通算1000奪三振も達成するなど、自身のシーズンラストゲームを最高の形で締めた。

 シーズン防御率は1.70まで低下。米全国紙「USAトゥデー」によれば、1970年以降ではドワイト・グッデンの1.53(85年)、グレッグ・マダックスの1.56(94年)と1.63(95年)、ザック・グリンキーの1.66(15年)、ノーラン・ライアンの1.69(81年)に次ぐ数字となった。

 今季のサイ・ヤング賞にはデグロムのほか、シーズン300奪三振、ハーラートップの18勝を挙げたマックス・シャーザー(ナショナルズ)が候補に挙がっている。今まで、先発投手が負け越してサイ・ヤング賞を受賞した例はなかったが、デグロムは10勝9敗で無事勝ち越しに成功した。2010年にはフェリックス・ヘルナンデス(マリナーズ)が13勝12敗、防御率2.40、250奪三振で受賞した例もあり、デグロムにも十分チャンスがありそうだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」