野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

優勝を知るベテランと若い世代の融合 西武が圧倒的な強さを見せた理由

万感の思いとともに、8度、宙に舞った。西武が30日、2018年のパ・リーグ優勝を決めた。マジック1として臨んだ日本ハム戦、試合には敗れたものの、マジックの対象チームだった2位のソフトバンクがロッテに敗戦したため、優勝が確定した。

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】
西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

チーム総得点は2位に130差の771得点、辻監督「選手が助けてくれた」

 万感の思いとともに、8度、宙に舞った。西武が30日、2018年のパ・リーグ優勝を決めた。マジック1として臨んだ日本ハム戦、試合には敗れたものの、マジックの対象チームだった2位のソフトバンクがロッテに敗戦したため、優勝が確定した。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

「いやぁ……この日がいつ来るかと、思っていましたけど。選手たちは私のミスもあった中で助けてくれました」

 就任2年目の辻発彦監督。胴上げのあと、感慨深そうに優勝監督インタビューに臨んだ。138試合目でのリーグ制覇。2008年以来、10年ぶり。多くのプロ野球OBがソフトバンクの連覇を疑わなかった今季、見事にそれを覆してみせた。

 開幕から一度も首位の座を譲らずにゴールインした今年の西武。その強さの源は破壊力抜群の打線。チーム総得点は2位のソフトバンクの641得点を130点も上回る771点。外崎こそ9月上旬に負傷離脱のアクシデントがあったが、秋山、源田、浅村、山川、森と主力がシーズンを通して試合に出続け、大きなスランプもなく結果を残した。

 打線の中心は4番・山川。いずれもリーグトップの46本塁打、121打点という驚異の数字を記録した。3番の浅村は120打点で山川とタイトル争いを繰り広げるなど、中軸で得点を量産。源田は7月に新人の開幕から221試合連続フルイニング出場というプロ野球記録を樹立。安打製造機の秋山は、チームトップの打率.321という数字も光るが、終盤では勝利を呼ぶ本塁打も印象的だった。

 ベテラン陣も存在感を見せた。本塁打王6度の中村は、序盤こそ不振にあえいだが、8月にはパ・リーグタイ記録の6試合連続本塁打を放つなど復調。4番の座は山川に譲っているが、28本塁打はまだまだ衰えを感じさせない。栗山もシーズン終盤は5番に座り、勝負強さを発揮。「個々に能力を持った選手が多く、個性を伸ばしていけば、いい結果が出ると信じてやってきました」と、振り返った辻監督。2008年の優勝を知る35歳のベテラン陣と、若い世代の融合を成功させた。

 就任1年目の昨季は2位。そこで礎を築き、2年目で栄冠を手にした辻監督。強力打線の勢いを殺すことなく、CS制覇、日本一へ一気に突っ走りたい。

(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」