野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

阪神→西武トレード移籍で10勝の榎田、初Vに「去年と比べると天国と地獄」

西武の榎田大樹投手が、自身初体験となるリーグ優勝を喜んだ。30日、敵地・札幌ドームでの日本ハム戦。試合にこそ敗れたものの、2位のソフトバンクがロッテに敗れたため、西武の10年ぶり22度目の優勝が決まり、歓喜の胴上げの時を迎えた。今季開幕前に阪神からトレードで加入した左腕は、祝勝会前に行われた優勝会見に出席し「嬉しいですし、正直、去年の今頃の自分を考えると、天国と地獄じゃないですけど、すごい差なので、西武に来られてよかったなと思います」と笑顔を浮かべた。

西武・榎田大樹【写真:荒川祐史】
西武・榎田大樹【写真:荒川祐史】

3月13日にトレードで加入、ローテの一角として優勝に貢献

 西武の榎田大樹投手が、自身初体験となるリーグ優勝を喜んだ。30日、敵地・札幌ドームでの日本ハム戦。試合にこそ敗れたものの、2位のソフトバンクがロッテに敗れたため、西武の10年ぶり22度目の優勝が決まり、歓喜の胴上げの時を迎えた。今季開幕前に阪神からトレードで加入した左腕は、祝勝会前に行われた優勝会見に出席し「嬉しいですし、正直、去年の今頃の自分を考えると、天国と地獄じゃないですけど、すごい差なので、西武に来られてよかったなと思います」と笑顔を浮かべた。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 昨季は阪神でわずか3試合の登板に終わり、0勝0敗0セーブ1ホールド。シーズンのほとんどを2軍で過ごした。転機となったのは、3月13日。岡本洋介投手との間で交換トレードとなり、阪神から西武へと移籍。これによって運命は大きく変わった。4月12日のロッテ戦で移籍後初登板初先発を果たし、6回2失点で移籍後初勝利をあげた。

 すぐに先発ローテに割って入ると、そこから白星を積み重ね、22試合に登板し10勝4敗。阪神時代にもなかった2桁勝利を達成し、15勝の多和田、14勝の菊池に次ぐチーム3番目の勝利数をマーク。「それこそ求められて、優勝するために呼ばれたと思って一生懸命やった成果がこう実ったのでよかったです」と表情を綻ばせた。

 会見で今季最も印象に残った試合を問われると、6月3日に本拠地メットライフドームで戦った古巣の阪神との交流戦を挙げた榎田。「10勝できた試合は印象に残ってますけど、古巣の阪神に交流戦で勝てたという試合が1番気持ち的にアレだったかなと思います。あれで西武の一員になれたのかなと思いました」と振り返った。苦しい台所事情の中で、榎田の存在は優勝への1つ。その貢献度は大きかった。その左腕は祝勝会で今季から仲間となったチームメートと歓喜のビールかけで喜びを分かち合った。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」