野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武・辻監督、V確信は「M1になって」 開幕から首位走り「選手誇り」

10年の時を経て、西武が悲願のリーグ優勝を手に入れた。優勝へのマジックを1としていた西武は30日、敵地・札幌ドームでの日本ハム戦に敗れたものの、この試合中に2位のソフトバンクがロッテに敗戦。前回優勝した2008年と同じ“負けてV”となったが、10年ぶり22度目のパ・リーグの頂点に立った。

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】
西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

9月半ばの9連戦前日には「今季初めて不安に襲われた」

 10年の時を経て、西武が悲願のリーグ優勝を手に入れた。優勝へのマジックを1としていた西武は30日、敵地・札幌ドームでの日本ハム戦に敗れたものの、この試合中に2位のソフトバンクがロッテに敗戦。前回優勝した2008年と同じ“負けてV”となったが、10年ぶり22度目のパ・リーグの頂点に立った。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 歓喜の胴上げは8回。信頼を置くナインの手で宙を舞った辻発彦監督は祝勝会前に行われた優勝会見で率直な胸の内を明かした。就任2年目で初めて胴上げされた心境を「ホッとしてます。喜びと胴上げしてくれる選手たちの気持ちが伝わってきたような、ここまでみんな頑張ってくれて嬉しい思いが全てです」と、まずは安堵と喜びを口にした。

 就任2年目の今季は開幕から絶好のスタートを切った。開幕8連勝で首位を走ると、結局そのまま首位を一度も明け渡すことなくゴールテープを切る“完全V”だった。「優勝経験のない人がほとんどなんで2位から飛躍するには優勝するしかない、と。開幕して8連勝というスタートを切って、そこから1度も落ちることなく、トップを走り抜けた選手たちを誇りに思います」と白星を積み重ねてきた選手たちを褒め称えた。

 首位をひた走って来た今季、指揮官が唯一、不安に襲われた時があったという。2位ソフトバンクと3試合、2位日本ハムと2試合が組み込まれていた、9月14日からの9連戦の前日だった。「ソフトバンクさん、日本ハムさんと、9連戦に入る前日にですね、怖いというか、連戦がどういう結果になるのか、どうやったら乗り切れるんだろうかと、そういう不安に初めて今シーズン襲われました」という。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」