野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹のサブマリンルーキー・高橋礼がプロ2度目の先発へ「いけるとこまでいきたい」

ソフトバンクのドラフト2位ルーキー高橋礼投手が、3日のロッテ戦で先発する。サブマリン右腕の先発登板は、4月22日の日本ハム戦(札幌ドーム)以来2度目となる。

ソフトバンク・高橋礼【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・高橋礼【写真:藤浦一都】

1軍での先発は4月22日の日本ハム戦以来

■ソフトバンク – ロッテ(3日・ヤフオクドーム)

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクのドラフト2位ルーキー高橋礼投手が、3日のロッテ戦で先発する。サブマリン右腕の先発登板は、4月22日の日本ハム戦(札幌ドーム)以来2度目となる。千賀滉大の右肘の張りで急遽回ってきたプロ入り初先発では、4回3失点で初黒星。その後はリリーフとして9試合に登板してきた。

 4イニングを超えるロングリリーフも体験しており、2度目の先発についても「ロングリリーフの時と変えるつもりはないです。積み重ねてきたものがリリーフで生かされているので、先発でもそれを変えずにやっていきたいんです。大胆にストライクを取りにいきたいですね。コースを狙ってメリハリをつけて、常に自分に有利なカウントで勝負したいと思います」と語る。

 入団間もない4月の先発登板時と比べて「ボールに力強さも出ていますし、140キロ前後のボールが投げられるようになって気持ち的にも『いける』と思えるようになりました」と自信をみなぎらせる。自らのプロ初勝利をかけてのマウンドになるが「自分の白星というよりチームの勝利に貢献できるように、いけるところまでいきたいと思います」と、無欲のマウンドで力を出し尽くすつもりだ。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」