野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷の手術でエ軍に「2つの疑問」 米メディア指摘「来季打つことができるか」

大谷の手術でエ軍に「2つの疑問」 米メディア指摘「来季打つことができるか」

エンゼルスの大谷翔平投手はメジャー1年目のシーズンを戦い終え、1日(日本時間2日)には右肘靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けたことが発表された。手術は無事に成功。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

2019年シーズンに大きな影響、大物FA投手の補強に動く可能性も?

 エンゼルスの大谷翔平投手はメジャー1年目のシーズンを戦い終え、1日(日本時間2日)には右肘靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けたことが発表された。手術は無事に成功。投手としての復帰は2020年になる見込みだが、来季は打者に専念しての活躍が期待される。米メディアは、大谷のリハビリの経過がエンゼルスの2019年シーズンの行方を大きく左右すると見ている。

【PR】大谷翔平、衝撃のMLB1年目を振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

「ロサンゼルス・エンゼルスは2019年の新しいスタートに向けオフシーズンに突入する」とのタイトルで特集を組んだのは「NBCスポーツ」電子版だ。記事では、「球団史上最高の選手」であるマイク・トラウトが入団してから、エンゼルスが世界一に輝いたことがないという事実に言及。80勝82敗のア・リーグ西地区4位に終わった今年についても「残念なシーズン」として、「オフシーズンに向け、このチームには懸念が多くある」としている。

 大谷はシーズン終了翌日に手術を受けたが、これが「大きな2つの疑問につながる」と指摘。1つ目はエンゼルスの大きな課題となっている先発ローテーション。「オオタニなしで2019年のローテーションはどうなるか?」。特集ではこのように投げかけた上で「エンゼルスはメジャーリーグの投手陣に関して本当に厳しい状況にある」としている。

 近年、大谷以外にもエンゼルスにはトミー・ジョン手術を受ける投手が続出しており、厳しい状況が続いている。レギュラーシーズン終盤にマット・シューメーカーが復帰し、左腕のアンドリュー・ヒーニー、ルーキーのハイメ・バリアらが好成績を残したことはプラス要素としながらも、「エンゼルスはダラス・カイケル、パトリック・コービン、チャーリー・モートン、J・A・ハップなどのトップレベルのFA投手を追い求めるかもしれない」とオフシーズンの動きを予想している。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」