野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

阪神、甲子園で勝てない不思議 借金17、勝率.345 金本体制3年で2度負け越し

シーズン最終盤、阪神の残り試合はロッテと並ぶ最多の9試合。まだCS進出可能性は残っているが、3位タイに並ぶ巨人、DeNAとは4差。クライマックスシリーズ進出は厳しい状況になってきている。

阪神・金本監督【写真:荒川祐史】
阪神・金本監督【写真:荒川祐史】

甲子園での勝率なんと.345、せめて5割なら……

 シーズン最終盤、阪神の残り試合はロッテと並ぶ最多の9試合。まだCS進出可能性は残っているが、3位タイに並ぶ巨人、DeNAとは4差。クライマックスシリーズ進出は厳しい状況になってきている。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 今季、ここまで阪神が苦戦した理由はいろいろあるが、本拠地の甲子園球場で勝てなかったことも大きな要因の一つだろう。

【今季の球場別の勝敗】

〇2018年
134試合59勝73敗2分 勝率.447(5位)
ホームゲーム 66試合25勝39敗2分 勝率.390
・甲子園 57試合19勝36敗2分(12中止)
・京セラD 8試合5勝3敗
・倉敷 1試合1勝0敗
ビジターゲーム 68試合34勝34敗0分 勝率.500

 今季、阪神は本拠地の甲子園球場だけで借金17、勝率.345と大きく負け越している。この数字が大きく響いてホームゲーム全体でも勝率.390。ビジターでは勝率5割の成績だから「甲子園で弱かった」ことが今季の不振につながっていることになる。甲子園での阪神への応援は、12球団でも屈指の迫力だが、その大声援の中で阪神は勝てなかったのだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」