野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

引退登板のロッテ大隣、右前打された上林に“クレーム”「2球で終わっちゃった」

今季限りで現役を引退するロッテの大隣憲司投手が3日、昨季までの本拠地ヤフオクドームでの古巣ソフトバンク戦で引退登板に臨んだ。打者1人限定で先発のマウンドに上がった左腕は、上林に2球目を弾き返されて右前安打にされた。それでも、左腕に涙はなし。「スッキリするヒットを打たれた」と晴れやかな笑顔を浮かべた。

ロッテ・大隣憲司【写真:福谷佑介】
ロッテ・大隣憲司【写真:福谷佑介】

試合後、帰りに偶然遭遇「追い込まれるまで待ってよ」

■ソフトバンク 10-2 ロッテ(3日・ヤフオクドーム)

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 今季限りで現役を引退するロッテの大隣憲司投手が3日、昨季までの本拠地ヤフオクドームでの古巣ソフトバンク戦で引退登板に臨んだ。打者1人限定で先発のマウンドに上がった左腕は、上林に2球目を弾き返されて右前安打にされた。それでも、左腕に涙はなし。「スッキリするヒットを打たれた」と晴れやかな笑顔を浮かべた。

 ラスト登板でヒットを打たれた大隣と、打った上林。試合後、上林が着替えを終えて家路に就こうとしたところ、偶然、ロッカーから出てきた大隣と遭遇。すると、大隣から「もうちょっと待ってくれよ!? 2球で終わっちゃったじゃねえか。追い込まれるまで待てよ!?」と笑顔で“クレーム”。後輩の上林は「すいませんでした」と謝っていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」