野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ドジャース地区S初戦は柳賢振に託す 指揮官「これまで見た中で最高の状態」

ドジャース地区S初戦は柳賢振に託す 指揮官「これまで見た中で最高の状態」

ナ・リーグ西地区6連覇を果たしたドジャースは4日(日本時間5日)から始まるブレーブスとの地区シリーズに挑む。決戦前日の3日(同4日)に取材に応じたデーブ・ロバーツ監督は初戦に先発する柳賢振投手に「私がこれまで見た中で、彼は最高の状態にいる」と絶大な信頼を置いていることを語った。

ドジャース・柳賢振【写真:Getty Images】
ドジャース・柳賢振【写真:Getty Images】

初戦は柳賢振、2戦目はエース左腕カーショーが先発

 ナ・リーグ西地区6連覇を果たしたドジャースは4日(日本時間5日)から始まるブレーブスとの地区シリーズに挑む。決戦前日の3日(同4日)に取材に応じたデーブ・ロバーツ監督は初戦に先発する柳賢振投手に「私がこれまで見た中で、彼は最高の状態にいる」と絶大な信頼を置いていることを語った。

【PR】プロ野球コンテンツを随時配信中! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 柳賢振は今季15試合に登板し7勝3敗、防御率1.97と安定した成績を残した。昨年は5勝9敗、防御率3.77と不安定な投球が続いていたがロバーツ監督は「彼は今年非常に安定した活躍をしている。(怪我をしたけど)復帰して非常に良い投球をしていた。私がこれまで見た中で、彼は最高の状態にいると思う。彼は準備ができている」と初戦に起用した理由を説明。

 エース左腕カーショーが第2戦の先発に回ったことには「彼は我々の中で最高の投手だ。彼はキャリアの中で常にそれを証明してきた。我々はじっくり考え抜いて決めたことだ。(この決断が)どういう展開を見せようが、これが初戦と第2戦で勝利する最高のチャンスを与えてくれると感じている」と語った。

 チームにとって一番の不安要素は守護神のケンリー・ジャンセンだ。1日(同2日)の地区優勝決定戦でも、9回に2本塁打を浴びるなどシーズン同様に不安定な投球が続いている。それでも指揮官は「私の信頼度は高い。この大きな舞台で彼が好投してくれるという期待はここ3年間変わっていない。ケンリーはとても自信を持っている選手だ。彼は心配していないだろうし、私も心配してはいない」と、守護神不変を口にした。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」