野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天松井は3失点も…奪三振ショー継続、7連続K含む4回12K 自身初2桁到達

先発に復帰した楽天の松井裕樹投手が4日、本拠地での日本ハム戦で圧巻の奪三振ショーを披露している。

日本ハム戦に登板した楽天・松井裕樹【画像提供:(C)PLM】
日本ハム戦に登板した楽天・松井裕樹【画像提供:(C)PLM】

4回まですべてのアウトを三振で奪う、7連続三振で途切れ日本記録はならず

■楽天 – 日本ハム(4日・楽天生命パーク)

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 先発に復帰した楽天の松井裕樹投手が4日、本拠地での日本ハム戦で圧巻の奪三振ショーを披露している。

 松井は初回、先頭・姫野は四球も大田を空振り三振。アルシアはヒットの後、近藤を空振り三振に仕留めた。横尾は味方の失策で2死満塁とされたが、清宮はチャンジアップで空振り三振。ピンチを招きながら、初回のアウトはすべて三振で奪った

 楽天はその裏に2点を先制。すると、松井は2回は渡辺、石川亮、太田、3回も姫野、大田、アルシアを3者連続三振で7者連続空振り三振。だが、4回先頭の近藤にはフルカウントから左前打を浴び、9者連続三振の日本記録には届かなかった。

 続く横尾は空振り三振。これで自身初の2桁Kを記録。ところが、清宮は死球、渡辺は四球で満塁とされる。石川亮は空振り三振も、太田には走者一掃の3点三塁打を浴びて、逆転を許した。しかし、姫野は見逃し三振で3アウト。3点を失ったものの、4回まで12個のアウトはすべて三振で奪った。

 桐光学園高時代には、2年生時に1試合22奪三振の甲子園記録を作った左腕が圧巻の投球を続けている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」