野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • レッドソックスが初回に3点先制 今季打点王マルティネスが左翼へ先制3ラン

レッドソックスが初回に3点先制 今季打点王マルティネスが左翼へ先制3ラン

レッドソックスのJ.D.マルティネス外野手が5日(日本時間6日)、本拠地で行われているヤンキースとの地区シリーズ第1戦で、初回に左翼へ先制3ランを運んだ。

先制3ランを放ったレッドソックスのJ.D.マルティネス(右)【写真:AP】
先制3ランを放ったレッドソックスのJ.D.マルティネス(右)【写真:AP】

ヤ軍左腕ハップの低め速球をフルスイング

■Rソックス – ヤンキース(日本時間6日・ボストン)

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 レッドソックスのJ.D.マルティネス外野手が5日(日本時間6日)、本拠地で行われているヤンキースとの地区シリーズ第1戦で、初回に左翼へ先制3ランを運んだ。

 ヤンキースの先発は左腕ハップ。先頭ベッツは空振り三振とされたが、ベニンテンディが三遊間を破る左前打で出塁すると、すかさず二盗成功。続くピアースはストレートの四球で1死一、二塁としたところで、今季130打点でア・リーグ打点王となったマルティネスが打席に向かった。2ボールからの3球目、低め速球を振り抜くと、打球はフェンウェイパーク名物グリーンモンスターと呼ばれる左翼スタンドに飛び込む先制3ランとなった。

 シーズンと変わらぬ勝負強さを見せたマルティネスの一撃で、まずはレッドソックスが主導権を握った。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」