野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • レッドソックス左腕セールが“鬼門”PO初勝利 心に残った指揮官の言葉とは…

レッドソックス左腕セールが“鬼門”PO初勝利 心に残った指揮官の言葉とは…

レッドソックスの左腕クリス・セール投手が5日(日本時間6日)、本拠地での地区シリーズ第1戦でヤンキースと対戦し、5回1/3を5安打8奪三振2失点と好投。自身にとって初めてのプレーオフ勝利を飾った。昨季は1先発1救援で2戦に投げたが、いずれも敗戦投手となった“鬼門”の舞台。地元ファンの大声援と指揮官の言葉を後押しに、見事「三度目の正直」を成し遂げた。

レッドソックスのクリス・セール【写真:Getty Images】
レッドソックスのクリス・セール【写真:Getty Images】

昨季POでは2戦2敗、本拠地フェンウェイでの先発勝利に「最高」

■Rソックス 5-4 ヤンキース(日本時間6日・ボストン)

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 レッドソックスの左腕クリス・セール投手が5日(日本時間6日)、本拠地での地区シリーズ第1戦でヤンキースと対戦し、5回1/3を5安打8奪三振2失点と好投。自身にとって初めてのプレーオフ勝利を飾った。昨季は1先発1救援で2戦に投げたが、いずれも敗戦投手となった“鬼門”の舞台。地元ファンの大声援と指揮官の言葉を後押しに、見事「三度目の正直」を成し遂げた。

 プレーオフに初出場した昨季。アストロズと戦った地区シリーズで第1戦の先発を任されたが5回7失点と炎上。逆王手をかけられた第4戦には、同点の4回から中継ぎ登板したが、勝ち越しを許して涙を呑んだ。地区シリーズは1人で2敗を喫した“鬼門”の舞台。相手は違えど、きっちりリベンジした。

 初回、先頭マカッチェンを見逃し三振に仕留めるとエンジン全開。左肩を痛めて8月のほとんどを故障者リスト(DL)で過ごした。DLが明けた9月には4試合に投げたが、球数は26球から徐々に増やし、9月26日(走27日)のオリオールズ戦で、ようやく92球に達した。

 そんなブランクすら感じさせないパフォーマンスで、宿敵ヤンキース打線に狙いを絞らせず。スライダーとチェンジアップを絶妙に織り交ぜながら、打者のバランスを崩した左腕は、「今日は、今まで以上に自分らしく感じられた」とマウンド上での手応えを語った。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」