野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 快投カーショーにロバーツ監督は最敬礼「記憶にある中で最高の登板の1つ」

快投カーショーにロバーツ監督は最敬礼「記憶にある中で最高の登板の1つ」

ドジャースは5日(日本時間6日)、地区シリーズ第2戦の本拠地ブレーブス戦に3-0で勝利した。2連勝で地区シリーズ突破に王手。30年ぶりの世界一に向けて、好スタートを切った。デイブ・ロバーツ監督は、8回2安打無失点3奪三振無四球の快投を見せたクレイトン・カーショー投手を絶賛。「記憶にある中で最高の登板の1つだった」と話している。

圧巻の投球を見せたドジャースのクレイトン・カーショ―【写真:Getty Images】
圧巻の投球を見せたドジャースのクレイトン・カーショ―【写真:Getty Images】

8回85球2安打無失点の圧巻投球、ロバーツ監督は絶賛「見事だった」

■ドジャース 3-0 ブレーブス(日本時間6日・ロサンゼルス)

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 ドジャースは5日(日本時間6日)、地区シリーズ第2戦の本拠地ブレーブス戦に3-0で勝利した。2連勝で地区シリーズ突破に王手。30年ぶりの世界一に向けて、好スタートを切った。デイブ・ロバーツ監督は、8回2安打無失点3奪三振無四球の快投を見せたクレイトン・カーショー投手を絶賛。「記憶にある中で最高の登板の1つだった」と話している。

 8回をわずか85球で投げきる快投劇。絶対エースの大仕事に指揮官も脱帽するしかなかった。

「私としては、今日の彼の登板は、全ての球種を完璧に駆使したことから、記憶にある中で最高の登板の1つだったと思う。プレートの両側に投げていた。視点を効果的に変えていた。彼は本当に良い投球をした。ソフトコンタクトも多かった。完璧な制球だった。彼は今夜見事だった」

 例年のように第1戦ではなく、第2戦にカーショーを持ってきた。周囲は騒がしかったものの、意に介さない投球だった。

「素晴らしかった。驚きはない。彼は殿堂入りの可能性もある選手なんだ。彼の周りが騒がしくても、登板して勝利をもたらしてくれることに関して、彼に何か影響があるとは全く心配していなかった」

 ロバーツ監督は、エースに絶大な信頼を寄せていることを強調。9回には1度カーショーをマウンドに上げ、相手が右打者のフラワーズを代打として送り出してきたのを見て、守護神ジャンセンにスイッチした。ブレーブスはさらに代打の代打で左打者のデューダを送ったが、ベンチの選手を使わせるというドジャースの作戦通りだった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」