野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 米野球専門誌では大谷翔平が新人王&トラウトがMVP “スターコンビ”W受賞

米野球専門誌では大谷翔平が新人王&トラウトがMVP “スターコンビ”W受賞

エンゼルスのマイク・トラウト外野手が権威ある米野球専門誌「ベースボール・アメリカ」で「プレイヤー・オブ・ザ・イヤー」に選出された。今季もハイレベルな打撃成績を残しただけでなく、守備力の向上も高く評価された形。同誌は、大谷翔平投手を「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」に選出しており、エンゼルスのスターコンビがMVPと新人王をダブル受賞した。

エンゼルスのマイク・トラウト(左)と大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスのマイク・トラウト(左)と大谷翔平【写真:AP】

「ベースボール・アメリカ」が発表、トラウトは「輝かしいキャリアの中で最高の年」

 エンゼルスのマイク・トラウト外野手が権威ある米野球専門誌「ベースボール・アメリカ」で「プレイヤー・オブ・ザ・イヤー」に選出された。今季もハイレベルな打撃成績を残しただけでなく、守備力の向上も高く評価された形。同誌は、大谷翔平投手を「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」に選出しており、エンゼルスのスターコンビがMVPと新人王をダブル受賞した。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 トラウトは今季、メジャー5位の打率.312、同1位の出塁率.460、同3位の長打率.628、同4位タイの39本塁打をマーク。OPS(出塁率+長打率)1.088もトップだった。チーム事情もあり、打点こそ「79」にとどまったが、圧巻の成績だった。

「ベースボール・アメリカ」は「トラウトがまた“最高の年”とし、プレイヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞」とのタイトルをつけて特集を掲載。「多くの点で、2018年はマイク・トラウトの輝かしいキャリアの中で最高の年であった。そして、彼の最も困難な年でもあった」として「彼の万能の素晴らしさにより、トラウトは2018年ベースボール・アメリカのメジャーリーグのプレイヤー・オブ・ザ・イヤーである」とMVPに選出したことを伝えている。

 メジャーで重視されるOPSの「1.088」という数字は、トラウトにとっても自己最高。さらに、出塁率も過去最高で、本塁打数と長打率はキャリア2位。記事では、24盗塁で失敗はわずかに2回という走塁についても特筆している。トラウト自身は「打撃でも守備でも全体として最高の年だったと思う」と話しているという。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」