野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

誰からも愛されたホークス本多雄一 引退試合に溢れた人柄「みんなに支えられ」

6日、現役最後の試合と引退セレモニーを終えたソフトバンクの本多雄一内野手が、自らが主役となった1日を振り返った。試合後の会見と報道陣の囲み取材を含めて、本多の言葉をまとめてみよう。

試合後、ナインに胴上げされたソフトバンク・本多雄一【写真:藤浦一都】
試合後、ナインに胴上げされたソフトバンク・本多雄一【写真:藤浦一都】

フルイニング出場に「いい疲れです」

 6日、現役最後の試合と引退セレモニーを終えたソフトバンクの本多雄一内野手が、自らが主役となった1日を振り返った。試合後の会見と報道陣の囲み取材を含めて、本多の言葉をまとめてみよう。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継&ソフトバンク戦見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 会見の冒頭ですべてを終えた感想を求められた本多は「今朝、球場に入った時から今に至るまで、いろんな思いはあるんですけど、みなさんに支えてもらって野球ができていたんだなと思います」と切り出した。

――――――――――――

 1回裏の最初の打席では、まだベンチにいる段階から登場曲「何度でも」のイントロが球場内に響いた。「普段と曲が流れるタイミングが違っていて、自分でもそう願っていましたし、周りの方の考えや協力もあって、すごく自分を目立たせてもらってありがたかったです」と話す。

 3回裏、本多の第2打席は四球での出塁。直後、上林誠知の初球で二塁へ向けて素晴らしいスタートを切ったものの、その初球がまさかの死球となり、盗塁は記録されないまま終わった。

「13年間であんなにいいスタートを切ったことなかったんですけど……。誠知、よけろよって(笑)。でも、ああやってスタートを切れたことが良かったと思います。走っている間のファンの声援も聞こえました」

 囲み取材中にたまたま上林が通りかかると、本多は「避けんか! お前!」と笑いながら一喝。上林は「いいスタートだと思ったんですけど、次の瞬間『うわっ!』て(ボールが当たって)。あれは避けられません。まだ(死球を受けたところが)真っ赤なんですよ」と必死に弁解し、報道陣の笑いを誘った。

 4回裏の3打席目こそ三振に倒れたが、5回表にはこの日初めての守備機会が訪れた。平凡なセカンドゴロだったが、本多が打球をさばくだけで歓声が起こった。そして4打席目の三塁打、最終打席の二塁打ではヤフオクドームが大歓声に包まれた。

「13年間ここでやらせてもらって、あれだけの歓声は本当に初めて。ヒットを打った後の塁上での歓声は、もう一生忘れることはないと思います。ファンの皆さんにあれだけの声援をいただけたので、今日はそれを噛みしめる1日になったと思います」と、改めて温かい声援をくれたファンに感謝した。

 3回裏と8回裏には二塁から三盗に挑むチャンスもあった。しかし「そこまですると失礼だと思って。ともに引退試合を戦ってくれた西武球団にも感謝したいです」ときっぱり。さらに「(8回に二塁打を放った相手)今井君もストレートで勝負してくれた」と、西武の2年目右腕に感謝した。結局盗塁はできなかったが「三塁打と二塁打で思いっきり走れましたから」とスッキリとした表情を浮かべた。

 3日の引退会見では「最後は試合を楽しみたい」と語っていた本多。「最後は思い切り楽しんでと言われたので、そうやらせてもらいました」と、望み通りに心から最後のゲームを楽しんだようだ。「久々にフルイニング出場したので、いい疲れです」と清々しい笑顔を見せていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」