野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹サファテ、引退試合で2安打の本多を労う「そこにいたかったよ」

今季限りで現役を引退するソフトバンクの本多雄一内野手が、6日、本拠地ヤフオクドームで行われた西武戦で引退試合に臨んだ。

試合後、ナインに胴上げされたソフトバンク・本多雄一【写真:藤浦一都】
試合後、ナインに胴上げされたソフトバンク・本多雄一【写真:藤浦一都】

自身のツイッターで、13年間を労うメッセージを記す

 今季限りで現役を引退するソフトバンクの本多雄一内野手が、6日、本拠地ヤフオクドームで行われた西武戦で引退試合に臨んだ。「1番・二塁」でスタメンしフル出場した本多は7回の第4打席で右翼線を破る三塁打を放つと、味方打線の繋がりによって巡ってきた8回の第5打席、“現役最後の打席”では左中間を破る二塁打を放った。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 この本多の“ラストマッチ”には、試合に出場していたメンバーだけでなく、和田毅や今宮健太、長谷川勇也ら故障などによりファーム調整中の選手たちも駆けつけた。さらには楽天の細川亨、中日の亀澤恭平、オリックスの安達了一ら他球団の選手も駆けつけ、ドジャースの前田健太からも花が届けられていた。

 そして、もう1人。引退試合に居合わせることが出来ず、残念がっていたのが、米国でリハビリ中の守護神デニス・サファテ投手だ。引退セレモニーにビデオメッセージを届けたサファテは、自身のツイッターで、チームメートへの思いをツイート。本多の引退試合の動画とともに「あぁ、このためにそこにいたかった。よくやった、ユウイチ!!!!」と記し、13年間の現役生活に幕を下ろした仲間に労いのメッセージを送っていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」