野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大の好投を監督ベタ褒め「最高に良かった」 救援早期投入は「積極的に」

田中将大の好投を監督ベタ褒め「最高に良かった」 救援早期投入は「積極的に」

ヤンキースの田中将大投手は6日(日本時間7日)、敵地での地区シリーズ第2戦レッドソックス戦で5回3安打1失点と好投。チームは6-2と快勝し、対戦成績を1勝1敗の五分に戻した。アーロン・ブーン監督は、1被弾も立ち上がりからレッドソックス打線を圧倒した日本人右腕を「マサヒロは最高に良かった」と絶賛した。

レッドソックス戦で好投したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
レッドソックス戦で好投したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

5回1失点の好投に「チームを好位置につける力強い5回だった」

■ヤンキース 6-2 Rソックス(日本時間7日・ボストン)

【PR】大谷翔平、衝撃のMLB1年目を振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ヤンキースの田中将大投手は6日(日本時間7日)、敵地での地区シリーズ第2戦レッドソックス戦で5回3安打1失点と好投。チームは6-2と快勝し、対戦成績を1勝1敗の五分に戻した。アーロン・ブーン監督は、1被弾も立ち上がりからレッドソックス打線を圧倒した日本人右腕を「マサヒロは最高に良かった」と絶賛した。

 負けたら王手を掛けられる大事な一戦で、田中が真価を発揮した。3点リードの4回、ボガーツにソロ被弾したが、スプリットとスライダーで巧みに使い分けながら、打者に的を絞らせず。レッドソックスの強力打線を最少失点に抑えた。試合後、指揮官は「試合のトーンを決めてくれた。非常に効果的な配球で、序盤から球種を絞らせず、制球できた」とベタ褒め。「チームを好位置につける力強い5回だった」と大きく頷いた。

 5回を投げ終えて78球と球数には余裕はあったが、ブーン監督は6回からベタンセスを投入した。田中に不安を感じたわけではなく、「我々が圧倒的な長所として誇れることの1つがブルペンだ」と説明。短期決戦のプレーオフでは最長でも3連戦までで、シーズン中ほど救援投手の使いすぎを気にしなくてもいいこともあり、「打者が2巡目、3巡目となれば、使いたいマッチアップを優先したい。特に休養日前日は準備のできている投手は積極的に使っていきたい」と、救援の早期投入方針を明らかにした。

 第3戦からは本拠地ヤンキースタジアムに戻る。地元ファンの熱い声援を後押しに、一気にシリーズ突破を決めたいところだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」