野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス上林、シーズン14本目の三塁打 NPBで65年ぶりの”快記録”

ソフトバンクの上林誠知外野手が、7日の敵地ロッテ戦で65年ぶりとなるシーズン14三塁打をマークした。

ロッテ対ソフトバンクの試合経過
ロッテ対ソフトバンクの試合経過

過去4人のシーズン14三塁打以上はいずれも65年以上前の記録

■ロッテ – ソフトバンク(7日・ZOZOマリン)

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの上林誠知外野手が、7日の敵地ロッテ戦で65年ぶりとなるシーズン14三塁打をマークした。

 序盤からソフトバンク打線が爆発し、7-0で迎えた4回。2死走者なしでロッテ二木のフォークを左中間に運んだ。グングンとスピードを上げて、三塁に到達。これが今季14本目の三塁打となった。

 シーズン14三塁打は過去に4人いたが、いずれも65年以上前の記録。レインズ(阪急)が1953年に16三塁打を記録して以来、誰も「14」に届かなかった。しかし、上林がついに壁を破った。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」