野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平は“伝説”になる――エ軍副社長を独占インタ「100年後、人々は…」

大谷翔平は“伝説”になる――エ軍副社長を独占インタ「100年後、人々は…」

エンゼルスのコミュニケーション担当副社長、ティム・ミード氏が独占インタビューに答え、MLBで1シーズンを過ごした大谷翔平投手の印象について明かした。ミード氏は、大谷がエンゼルスの球団史に残るインパクトを残した選手であると断言。プレーオフ進出こそならなかったものの、大谷の活躍があったことで「このシーズンはとても楽しかった」と大きく評価した。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

ティム・ミード副社長に独占インタビュー「オオタニという才能を大切にしていく」

 エンゼルスのコミュニケーション担当副社長、ティム・ミード氏が独占インタビューに答え、MLBで1シーズンを過ごした大谷翔平投手の印象について明かした。ミード氏は、大谷がエンゼルスの球団史に残るインパクトを残した選手であると断言。プレーオフ進出こそならなかったものの、大谷の活躍があったことで「このシーズンはとても楽しかった」と大きく評価した。

――大谷が入団したことは、どのぐらいのインパクトがある出来事でしたか?

「82年にレジー・ジャクソンが来た時、ウォーリー・ジョイナーがロッド・カルーのポジションを獲った時。そして(先天性右手欠損のハンディキャップを抱えながら活躍した)ジム・アボットが来た時は、スポーツメディアだけじゃなく、ニュースのメディアが大騒ぎだった。スプリングトレーニング中、毎日メディアの対応をしていた。

 ショウヘイが来た時も、メディアの注目の的だった。ショウヘイがBゲームで投げた時ですら、50人ものメディアがアリゾナに来た。ジミーが投げた試合を思い出したよ。オオタニもアボットも『インパクト』というより誰もが『注目』していた。アボットとオオタニを技術などで比べるつもりはないけど、どちらも野球ファンやメディアからの注目といった点では似ていると思う」

――大谷の活躍は、ベーブ・ルースの記録を改めて思い起こさせることになりました。

「ベーブが活躍した当時は、メディアやマーケティングもあまりなかったが、彼の名はいつまでも残っている。彼はレジェンドで、そんな人物と比べられるということは、すごくクールだと思う。100年後、人々はショウヘイ・オオタニのことを話しているかもしれない。でも、これからの彼の道のりは長いし、今あまりプレッシャーをかけたがる人はいないと思う。エンゼルスは、過剰にマーケティングすることなく、ショウヘイ・オオタニという才能を大切にしていくと思うよ」

――この1年を見て、大谷をどう評価しますか?

「彼は慌てず、自分自身と向き合ってきた。その姿勢がチームメイトにもたらす影響は大きいと思う」

――大谷のユニークさはどこにあると思いますか?

「精神的に強くて、マイク・トラウトみたいだ。自分の能力に自信を持っていて、自分であることに自信を持っている。人生を楽しんでいるしね。キャッチャーや審判への態度でもわかるけど、彼は野球をとてもリスペクトしている。何かを恐れることはないんだろうね」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」