野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ヤンキース、4回までに大量10失点 セベリーノ乱調で重要な第3戦は大差に

ヤンキース、4回までに大量10失点 セベリーノ乱調で重要な第3戦は大差に

ヤンキースは8日(日本時間9日)、本拠地での地区シリーズ第3戦で宿敵レッドソックスと対戦し、4回までに投手陣が11安打を浴びて大量10失点を喫した。

先発したヤンキースのルイス・セベリーノ【写真:Getty Images】
先発したヤンキースのルイス・セベリーノ【写真:Getty Images】

第2戦は田中が好投、1勝1敗で本拠地に舞台を移したが…

■ヤンキース – レッドソックス(日本時間9日・ニューヨーク)

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 ヤンキースは8日(日本時間9日)、本拠地での地区シリーズ第3戦で宿敵レッドソックスと対戦し、4回までに投手陣が11安打を浴びて大量10失点を喫した。

 初戦を落としたヤンキースだったが、第2戦は田中将大が5回1失点と好投。サンチェスやジャッジの本塁打なども飛び出して6-2で勝利し、1勝1敗のタイとした。

 ヤンキースタジアムに舞台を移した第3戦はエース右腕セベリーノが先発。しかし、2回にバスケスに先制打を浴びると、3回にはマルティネスの犠飛などで2点を失った。さらに、4回は連打と四球で無死満塁の大ピンチを招き、ここでKO。ヤンキースは2番手リンを投入したものの、ベッツは押し出し四球、ベニンテンディには右翼線を破る走者一掃の二塁打を浴びた。さらに、3番手グリーンもピアース、ホルトに適時打を浴び、この回7失点となった。

 一方、打線は元ヤンキースのイオバルディの前に3回まで2安打無得点。重要な第3戦は一方的な展開となっている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」