野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

名将は3年連続で… 阪神17年ぶりの屈辱、12度の最下位の戦績や監督は?

阪神タイガースは10月8日のヤクルト戦で5-6と負けて、2018年シーズンのセ・リーグ最下位が決まった。阪神の最下位は2001年以来17年ぶり。通算で12度目となった。

阪神・金本知憲監督【写真:荒川祐史】
阪神・金本知憲監督【写真:荒川祐史】

2001年以来の最下位が確定、常に強豪チームの一角を占めていた阪神

 阪神タイガースは10月8日のヤクルト戦で5-6と負けて、2018年シーズンのセ・リーグ最下位が決まった。阪神の最下位は2001年以来17年ぶり。通算で12度目となった。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 阪神は1950年の2リーグ分立後、セ・リーグでは最後まで最下位を経験しなかったチームだ。

◯セ・リーグ球団が最初に最下位になった年

広島 1950年
松竹 1952年(のち大洋と合併)
ヤクルト 1953年(国鉄、サンケイ含む)
DeNA 1954年(洋松、大洋、横浜含む)
中日 1964年
巨人 1975年
阪神 1978年

 常勝と言われ、空前のV9を達成した巨人は、長嶋茂雄が監督に就任した1975年に最下位に転落。この時点ではライバルの阪神は最下位を経験していなかった。阪神は優勝回数こそ少ないが、毎年のように巨人や他のライバルチームと優勝争いを繰り広げた。常に強豪チームの一角を占めていたのだ。

 阪神の12回の最下位の成績を見ていこう。差は首位とのゲーム差。()は監督。

2018年(金本知憲)
140試60勝78敗2分 勝率.435 差20.5

2001年(野村克也)
140試57勝80敗3分 勝率.416 差20.5

2000年(野村克也)
136試57勝78敗1分 勝率.422 差21.0

1999年(野村克也)
135試55勝80敗0分 勝率.407 差26.0

1998年(吉田義男)
135試52勝83敗0分 勝率.385 差27.0

1996年(藤田平→柴田猛)
130試54勝76敗0分 勝率.415 差23.0

1995年(中村勝広→藤田平)
130試46勝84敗0分 勝率.354 差36.0

1991年(中村勝広)
130試48勝82敗0分 勝率.369 差26.0

1990年(中村勝広)
130試52勝78敗0分 勝率.400 差36.0

1988年(村山実)
130試51勝77敗2分 勝率.398 差29.5

1987年(吉田義男)
130試41勝83敗6分 勝率.331 差37.5

1978年(後藤次男)
130試41勝80敗9分 勝率.339 差30.5

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」