野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太、あわやの大ファウルも地区S無失点 米メディア「生き延びた」

前田健太、あわやの大ファウルも地区S無失点 米メディア「生き延びた」

ドジャースの前田健太投手が8日(日本時間9日)、敵地での地区シリーズ第4戦ブレーブス戦で、4点リードの8回に今季ポストシーズン初登板。2死から2安打を許し、あわや3ランという大ファウルを浴びたが、何とか無失点に抑えた。地元メディアは「綱渡りで転落せず」「ケンタ・マエダは生き延びた」とヒヤヒヤぶりを伝えている。

8回に5番手で登板したドジャース・前田健太【写真:Getty Images】
8回に5番手で登板したドジャース・前田健太【写真:Getty Images】

リーグ優勝決定シリーズ進出が決定

■ドジャース 6-2 ブレーブス(日本時間9日・アトランタ)

【PR】大谷翔平、衝撃のMLB1年目を振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ドジャースの前田健太投手が8日(日本時間9日)、敵地での地区シリーズ第4戦ブレーブス戦で、4点リードの8回に今季ポストシーズン初登板。2死から2安打を許し、あわや3ランという大ファウルを浴びたが、何とか無失点に抑えた。地元メディアは「綱渡りで転落せず」「ケンタ・マエダは生き延びた」とヒヤヒヤぶりを伝えている。ドジャースは6-2で勝利し、3勝1敗でリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。

 昨季のポストシーズンで抑えとして無双ぶりを見せたセットアッパー前田が、サントラスト・パークで今季PO初登板となった。4点リードの8回に5番手としてマウンドに上がると、最初の打者カマーゴを空振り三振。フラワーズを三ゴロに打ち取ったが、2死からよもやの展開が待っていた。

 インシアルテに3球目の速球をセンター前に弾き返されると、元同僚のカルバーソンに4球目の速球を右前打とされ、2死一、三塁の大ピンチ。ここで迎えた代打デューダには、右翼ポールわずか右にヒヤリとさせられる大ファウルを運ばれた。この場面では、デーブ・ロバーツ監督の表情は凍り付いていた。

 それでも、最後はデューダを直球で中飛に打ち取り、雄叫びを2度上げた前田。地元メディアは、冷や汗もののピッチングを速報している。

 ロサンゼルス・タイムズ紙のアンディー・マカロフ記者はツイッターで「(大飛球の)次のボールでデューダをフライアウトに。ケンタ・マエダが8回をしのいだ」と投稿。米野球専門メディア「ジ・アスレチックス」のファビアン・アルダヤ記者も自身のツイッターで「ルーカス・デューダはあわや400フィート(約122メートル)の3ラン弾だったが、フライアウト。ケンタ・マエダは綱渡りだったが、転落はしなかった」と伝えている。

 さらに、地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のビル・プランケット記者は「そよ風がサントラスト・パークの旗をなびかせる中、ルーカス・デューダの巨大なフライがファウルとなると、ケンタ・マエダが安堵のため息をついた」とツイートした。ピンチを招きながらも無失点で抑え込み、勝利に貢献した前田。ここから上昇気流に乗りたいところだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」