野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • レッドソックスが地区S突破へ3点先制! 背水ヤ軍は苦戦サバシアが3回3失点降板

レッドソックスが地区S突破へ3点先制! 背水ヤ軍は苦戦サバシアが3回3失点降板

レッドソックスは9日(日本時間10日)、敵地での地区シリーズ第4戦でヤンキースと対戦。3回にリーグ打点王の今季J.D.マルティネスの犠飛などで3点を先制した。

ヤンキース先発のCC・サバシア【写真:Getty Images】
ヤンキース先発のCC・サバシア【写真:Getty Images】

レッドソックスが勝てば3勝1敗で地区シリーズ突破

■ヤンキース – レッドソックス(日本時間10日・ニューヨーク)

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 レッドソックスは9日(日本時間10日)、敵地での地区シリーズ第4戦でヤンキースと対戦。3回にリーグ打点王の今季J.D.マルティネスの犠飛などで3点を先制した。

 ヤンキース先発CC・サバシアを相手に、初回には2死満塁の好機を作り、2回にも2死から四球で出塁するなど、序盤からプレッシャーをかけ続けた。そして、0-0で迎えた3回。ついに突破口を開く。

 先頭のベニンテンディが死球で出塁すると、ピアースが中前打で続き、無死一、三塁。ここでマルティネスがきっちり犠飛をセンターへ弾き返し、1点をする。なおも2死二塁から暴投で走者を三塁へ進めると、キンズラーが左翼手ガードナーの頭上を超えるタイムリー二塁打。さらに、ヌネスが左翼へタイムリーを運び、この回で3点の先制に成功した。

 負ければシリーズ敗退が決まるヤンキースは、先発サバシアが立ち上がりから苦戦。3回を5安打3失点と粘投したが59球(35ストライク)を投げて降板。4回からは左腕ブリトンを投入した。打線も、レッドソックス先発ポーセロの前に沈黙し、3回まで1安打と援護が送れず。投打ともに終始劣勢に立たされている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」