野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

高橋監督が辛抱強く使い続けた巨人岡本、史上最年少の「3割&30本&100打点」

巨人の岡本和真は最終の阪神戦を残して打率.308、31本塁打、97打点。史上最年少の3割、30本、100打点には打点が「3」足りなかった。1試合では厳しいかと思われたが、4打席目、5打席目に連続本塁打で3打点を稼いだ。そして岡本の2本塁打によって、巨人は3位を確定させ、CSに滑り込んだ。

巨人・岡本和真【画像:(C)PLM】
巨人・岡本和真【画像:(C)PLM】

CSかかった最終戦の2連発で3打点、2015年の山田哲人を上回る最年少記録に

 巨人の岡本和真は最終の阪神戦を残して打率.308、31本塁打、97打点。史上最年少の3割、30本、100打点には打点が「3」足りなかった。1試合では厳しいかと思われたが、4打席目、5打席目に連続本塁打で3打点を稼いだ。そして岡本の2本塁打によって、巨人は3位を確定させ、CSに滑り込んだ。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 岡本和真は智弁学園時代から強打者として知られ、2014年のドラフト1位で巨人に入団。松井秀喜以来の高卒大物スラッガーとして期待を集めたが、3年間は1軍に定着できず。

 しかし4年目の今年は、春先から好調。オープン戦ではチーム最多の15打点をたたき出し、開幕スタメンを勝ち取った。巨人は2017年に100安打していた村田修一を自由契約にし、岡本を抜擢。今年こそ一本立ちさせたいという強い意向を持っていた。

 岡本はチームの期待に応え、3、4月は打率.330、5本塁打、5月も打率.333、4本塁打と活躍。6月2日のオリックス戦では巨人の第89代4番打者となる。岡本はこの試合でホームランを放った。その後スランプに陥り、7月には31打席無安打を記録したが、高橋由伸監督は岡本を4番から外さず、辛抱強く使い続けた。

 監督の気持ちにこたえて岡本は復活。以後も4番に座り続けて3割、30本、100打点を達成した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」