野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・石川、初の侍選出に胸躍らせる「パワーカーブにどういう反応を見せるのか」

ソフトバンクの石川柊太投手が、11月に開催される「2018 日米野球」の侍ジャパンメンバーに選出された。自身初の侍ジャパン入りとなった石川は「聞いた時はびっくりしました」と素直な感想を語った。

侍ジャパンに選出されたソフトバンク・石川柊太【写真:藤浦一都】
侍ジャパンに選出されたソフトバンク・石川柊太【写真:藤浦一都】

今季は先発、中継ぎとフル回転し、キャリアハイの13勝をマーク

 ソフトバンクの石川柊太投手が、11月に開催される「2018 日米野球」の侍ジャパンメンバーに選出された。自身初の侍ジャパン入りとなった石川は「聞いた時はびっくりしました」と素直な感想を語った。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクで今季、先発、中継ぎ双方で活躍した石川が、初めて侍ジャパンの一員に加わる。初選出に「出られたらいいなとは思っていましたが、びっくりですね」という石川。「記事で読んでイエリチ(外野手:ブルワーズ)が来ることくらいしか知りません」と笑うように、ほとんど予備知識はないようだが「レベルの高い相手に投げる1球、1球が自分にとってプラスになる」と胸を躍らせた。

 先発でスタートした今シーズンは、8月から中継ぎに回り、ロングリリーフもこなしてキャリアハイの13勝をマークした。「今のチームでの役割もそうですけど、いろんなところで投げさせてもらったことが選出された理由の1つじゃないですかね。(日米野球でも)どこでも投げたいです」と、登板のシチュエーションを選ばない強みを出すつもりだ。
 
「投げる以上はしっかりゼロで抑えたいですが、一番は自分らしさを出すこと。テンポもそうですが、パワーカーブに相手がどういう反応を見せるのかを見てみたい」と石川。今回の日米野球には、ソフトバンクから柳田悠岐、東浜巨、甲斐拓也も選出されている。11月7日には本拠地のヤフオクドームでチャイニーズ・タイペイを相手にした壮行試合も開催される。石川はメジャーリーガーたちとの対決を前に、慣れ親しんだホームで、侍のユニホームに袖を通してマウンドに立つこともありそうだ。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」