野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン初選出の巨人岡本「驚きましたが、大変光栄」 4番候補の期待も

野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督は10日、都内で記者会見を行い、11月に開催される「2018日米野球」に出場する侍ジャパンメンバー28人を発表。巨人の4番・岡本和真内野手が初選出された。

巨人・岡本和真【画像:(C)PLM】
巨人・岡本和真【画像:(C)PLM】

史上最年少で「3割&30発&100打点」達成「さらにレベルアップできるように」

 野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督は10日、都内で記者会見を行い、11月に開催される「2018日米野球」に出場する侍ジャパンメンバー28人を発表。巨人の4番・岡本和真内野手が初選出された。

日米野球、11月に4年ぶり開催へ 侍ジャパンが迎え撃つMLBオールスターチームにはスターが集結(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 岡本は今季、史上最年少での「打率3割、30本塁打、100打点」を達成。9日の阪神戦では第4、5打席で連続ホームランを放ち、巨人のクライマックスシリーズ(CS)進出を確定させた。

 稲葉監督は会見で「4番候補としても当然ジャイアンツで4番を打っていますので、候補になり得る可能性はありますけども、まだジャパンに初めて入るということで、あまりプレッシャーをかけないほうがいいのかなというのもいろいろ考えながらやっていきたいと思います」と言及。侍の4番を務める可能性もあるとした。

 岡本は「驚きましたが、選んでいただき大変光栄です。MLBの投手に対して、いまの自分がどこまで通用するのかとても楽しみです。また日本プロ野球を代表する選手と一緒にプレーできるので、さらにレベルアップできるように頑張ります」とコメントを発表した。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」