野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハム上沢、侍J選出 栗山監督は飛躍期待「いい方向に行ってくれると信じてる」

日本ハムの上沢直之投手が10日、「2018日米野球」に臨む侍ジャパンのメンバーに選出された。2014年11月に台湾で行われた21Uワールドカップ以来、4年ぶりに日の丸を背負うこととなった上沢は、初めてのトップチーム入りに表情を引き締めた。

日本ハム・上沢直之【写真:石川加奈子】
日本ハム・上沢直之【写真:石川加奈子】

稲葉監督も期待「メジャー相手にどこまで通用するか」

 日本ハムの上沢直之投手が10日、「2018日米野球」に臨む侍ジャパンのメンバーに選出された。2014年11月に台湾で行われた21Uワールドカップ以来、4年ぶりに日の丸を背負うこととなった上沢は、初めてのトップチーム入りに表情を引き締めた。

柳田悠岐は「スケールが違う」 日米野球で侍ジャパンの選手の明暗を分けた国際試合の「対応力」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

「侍ジャパンに選出していただいたことを大変光栄に思います。日の丸を背負う誇りを胸に、しっかりと自覚を持って臨みたいです。メジャーリーグのバッターがどのくらいのレベルにあるのかを実際に投げて感じてみたいので、すごく楽しみです。選ばれた一流の選手たちと一緒に戦えることもうれしく思いますし、技術や野球に対する取り組み方や姿勢などを学びたいと思います」とコメントした。

 球団の北海道移転15周年の年に背番号「15」を与えられた24歳右腕は今季、期待通りエース級の活躍を見せた。特に前半戦は抜群の安定感を誇り、7月中に自身初の2桁勝利となる10勝をマークした。後半戦は勝ち星に恵まれなかったものの、11勝6敗、防御率はリーグ3位となる3.16の好成績を残した。

 一昨年の右肘手術を乗り越えて飛躍した右腕に対し、侍ジャパンの稲葉篤紀監督も大きな期待を寄せる。「非常に気持ちも強い選手です。また、ゆったりとしたフォームから力強い球も投げる、初見では打ちづらい投手です。彼の持っているフォークもメジャー選手相手にどこまで通用するのか見ていきたいと思っています」と話していた。

 日本ハムの栗山英樹監督は「駆け上ってほしい」と日米野球を機にさらなる成長を願った。「1年間フルで戦ったのは初めてなので、体に気をつけて行ってほしい。いい方向にいってくれると信じている」とエールを送っていた。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」