野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 優勝チームには確かに“理不尽”…… それでもCSが面白い4つの理由

優勝チームには確かに“理不尽”…… それでもCSが面白い4つの理由

10月13日からクライマックスシリーズ(CS)が始まる。2007年からセ・パ両リーグがペナントレースで3位以上になったチームを対象に開催しており、日本シリーズへの出場権をかけて争う短期決戦だ。

今季のペナントを制した西武・辻監督(左)、広島・緒方監督【写真:荒川祐史】
今季のペナントを制した西武・辻監督(左)、広島・緒方監督【写真:荒川祐史】

CSができてPSは最大18試合に、なぜ試合が面白くなるのか

 10月13日からクライマックスシリーズ(CS)が始まる。2007年からセ・パ両リーグがペナントレースで3位以上になったチームを対象に開催しており、日本シリーズへの出場権をかけて争う短期決戦だ。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 CSの始まりは2004年からパ・リーグが実施していたプレーオフ。CSと同様、3位以上のチームが日本シリーズへの出場権をかけて戦っていたが、これが盛り上がっていたことでセ・リーグも導入することとなり、2007年からクライマックスシリーズという形でスタートした。

 CSができるまでNPBのポストシーズンは日本シリーズの最大7回戦制の試合だけだった。1973年から1982年までパ・リーグは2シーズン制を導入し、前期と後期の優勝チームが5回戦制で戦った。しかし、パが1シーズンに戻してからは長らくポストシーズンといえば日本シリーズだけだった。CSができたことにより、ポストシーズンは最大18試合も増えた。これによってプロ野球ファンは、10月中旬から11月にかけて、濃密な時間を楽しむことができるようになった。

「せっかく長丁場のペナントレースを勝ち抜いてきたのに、短期のCSで敗退することがあるなんて、理不尽だ」

 優勝チームのファンから毎年こういう声が上がる。確かにもっともな話だが、優勝できなかったチームにも日本シリーズ出場のチャンスが残るという点で、2位、3位のファンからは支持する声も上がっている。そして何より、CSは面白い試合が多いのだ。日本シリーズよりも盛り上がることさえある。

 それにはいくつかの理由がある。

(1)勝手知ったる相手であること

 交流戦ができて、両リーグのチームは毎年3試合対戦している。全然知らない相手ではないが、それでも日本シリーズは両軍の腹の探り合いから入ることが多い。初戦はぎごちない戦いとなってワンサイドになることも多い。日本シリーズが盛り上がるのはセ・パ両代表チームが、相手の陣容が把握できた3戦、4戦目になることが多い。

 しかしCSは、ペナントレースで25回も戦った相手との勝負だ。互いに長所、欠点を知り尽くしている。だから1戦目から総力戦になる。接戦が多くなるのだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」