野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • CSでの下剋上の確率は24% 日本シリーズ進出は2位が4回、3位は2回

CSでの下剋上の確率は24% 日本シリーズ進出は2位が4回、3位は2回

2004年に始まったパ・リーグのプレーオフの時代を含め、クライマックスシリーズ(CS)は、パが14回、セが11回行われた。中にはペナントレースの下位チームが、上位チームを倒して日本シリーズに出場するドラマチックな「下剋上」もあった。

広島・緒方監督(左)、西武・辻監督【写真:荒川祐史】
広島・緒方監督(左)、西武・辻監督【写真:荒川祐史】

ファーストステージは3位チームが勝ち越し、条件はほぼ互角

 2004年に始まったパ・リーグのプレーオフの時代を含め、クライマックスシリーズ(CS)は、パが14回、セが11回行われた。中にはペナントレースの下位チームが、上位チームを倒して日本シリーズに出場するドラマチックな「下剋上」もあった。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 CSには、ペナントレースの1位、2位、3位のチームが出場できる。

 2位、3位のチームがファーストステージを戦って、ファイナルステージで1位のチームと日本シリーズ出場権をかけて戦う。

 ペナントレースの順位別に、CSでの勝敗を見ていこう。CS1はファースト、CS2はセカンド。ファイナルステージの1勝のアドバンテージは含まない。

3位チーム トータル53勝67敗2分 勝率.442
 CS1 34勝30敗1分 勝率.531
 CS2 19勝37敗1分 勝率.339

 ファーストステージでは3位チームが勝ち越している。

 3位チームは敵地での試合になる。また引き分けでも負けと同じだ。0.5勝のアドバンテージが2位チームにあるのだが、その差で敗退したのは2014年の広島だけ(2位阪神が勝ち抜け)。ファーストステージは、ほとんどイーブンな条件で戦うことになる。今年パ3位の日本ハムと2位ソフトバンク、セ3位の巨人と2位のヤクルトも、ほぼ互角だといっていいだろう。

 3位からの下剋上は2回しかない。

 パ・リーグ、2010年のロッテはファーストステージで2位西武を2勝1敗で下し、ファイナルステージで1位ソフトバンクを4勝2敗(アドバンテージを含めれば4勝3敗)で下して日本シリーズに出場した。

 セ・リーグ、2017年のDeNAはファーストステージで2位阪神を2勝1敗で下し、ファイナルステージで1位広島を4勝1敗(アドバンテージを含めれば4勝2敗)で下して日本シリーズに出場した。

 2017年のDeNAは日本シリーズでソフトバンクに敗退したが、2010年のロッテは勢いを駆って中日を4勝2敗1分で破り、3位から日本一になっている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」