野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 前田健太は1回無失点も…ド軍はカーショーKOでリーグ優勝決定S初戦落とす

前田健太は1回無失点も…ド軍はカーショーKOでリーグ優勝決定S初戦落とす

メジャーリーグのナ・リーグ優勝決定シリーズが12日(日本時間13日)に始まり、ドジャースの前田健太投手は2点ビハインドの8回に登板。味方の失策で走者1人を出したものの、ナ・リーグMVP候補のイエリッチを併殺に仕留めて無失点で切り抜けた。

8回に登板したドジャース・前田健太【写真:Getty Images】
8回に登板したドジャース・前田健太【写真:Getty Images】

前田は失策で走者出すもMVP候補イエリッチ併殺斬りで無失点、ブルワーズは“12連勝”

■ブルワーズ 6-5 ドジャース(日本時間13日・ミルウォーキー)

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 メジャーリーグのナ・リーグ優勝決定シリーズが12日(日本時間13日)に始まり、ドジャースの前田健太投手は2点ビハインドの8回に登板。味方の失策で走者1人を出したものの、ナ・リーグMVP候補のイエリッチを併殺に仕留めて無失点で切り抜けた。しかし、ドジャースはエース左腕カーショーがKOされ、ブルワーズに5-6で惜敗。初戦を落とした。

 先制したのはドジャースだった。2回、4番のマチャドがゴンザレスからソロ弾。今ポストシーズン3本目のホームランで先制した。すると、ブルワーズは3回に先発ゴンザレスから2番手ウッドラフにスイッチ。ウッドラフは3者凡退に抑えると、その裏に先頭で打席に入り、カーショーの直球をセンターに運んだ。今季レギュラーシーズン1本塁打の右腕が、メジャー屈指の左腕から豪快な同点弾。ミラー・パークは大興奮となり、カーショーは呆然と打球を見送った。

 ブルワーズはその後、ペレスの犠飛で勝ち越しに成功。ウッドラフが4回も3者連続三振の快投を見せると、ブルワーズ打線はその裏に無死二、三塁の好機で代打サンタナがレフトへ2点タイムリー。味方のミスにも足を引っ張られたカーショーは、ここで無念の降板となった。さらに、2番手マドソンはブラウンにタイムリーを浴びて、ドジャースはこの回4失点目。カーショーは3回0/3を74球、6安打5失点(自責4)でKOとなった。

 ブルワーズは5回から左腕ヘイダーが登板し、3回2安打無失点4奪三振の快投。すると、7回にはアギラルが左腕ウリアスからソロ弾を放ち、リードを5点に広げる。しかし、ドジャースは8回にようやく反撃。マチャド、ケンプの連続タイムリーで3点を奪った。

 前田は打線の反撃が始まると、ブルペンでアップを開始。2点ビハインドの8回に6番手でマウンドに上がった。先頭のクラッツはフルカウントから低めへの直球で見逃し三振。ボールかと思われたが、球審の手が上がった。続くケインはスライダーで三ゴロに打ち取るも、ターナーのエラーで出塁を許す。しかし、続く強打者イエリッチは内角への93マイル(約149キロ)の直球でニゴロ。併殺に仕留め、無失点に抑えた。

 だが、ドジャースはその裏に1点を返すも惜敗。エースのカーショーで初戦を落とした。一方、ブルワーズは1982年以来36年ぶりのリーグ優勝へ幸先の良いスタート。リーグ最終盤の7連勝、地区優勝決定戦、地区シリーズ3連勝と続き、これで12連勝となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」