野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ヤクルトが2回に同点に追いつく!中村が右中間真っ二つの同点タイムリー

ヤクルトの中村悠平捕手が2回に同点打を放った。13日、神宮で行われた巨人とのクライマックスシリーズ第1ステージ初戦。下位打線でチャンスを作り先発・小川の女房役が貴重な一打をマークした。

同点タイムリーを放ったヤクルト・中村悠平【写真:荒川祐史】
同点タイムリーを放ったヤクルト・中村悠平【写真:荒川祐史】

巨人は岡本が初回に先制の犠飛

■ヤクルト – 巨人(13日・神宮球場)

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ヤクルトの中村悠平捕手が2回に同点打を放った。13日、神宮で行われた巨人とのクライマックスシリーズ第1ステージ初戦。下位打線でチャンスを作り先発・小川の女房役が貴重な一打をマークした。

 初回に1死から田中俊が四球で出塁すると、続くマギーが右越え二塁打を放ち二、三塁のチャンスを作る。ここで岡本が右犠飛を放ち先制に成功した。

 それでもヤクルトは2回。先頭の大引が四球で出塁すると2死二塁となって中村が右中間へタイムリー二塁打を放ち同点に追いついた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」