野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス森が初セーブ王 5月から37セーブ「僕の分岐点になるかもしれない」

ソフトバンクの5年目右腕、森唯斗投手が今季37セーブを挙げ、自身初となる最多セーブのタイトルを手にした。

ソフトバンク・森唯斗【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・森唯斗【写真:藤浦一都】

貴重な経験に「僕の分岐点になるかもしれない」

 ソフトバンクの5年目右腕、森唯斗投手が今季37セーブを挙げ、自身初となる最多セーブのタイトルを手にした。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 4月17日の楽天戦で、すでに右足股関節を痛めていたサファテが登板を回避。代わって9回のマウンドに上がった森が今季初セーブを記録した。翌18日にサファテは登録抹消となり、治療のために帰国。その日も森は3点のリードを守り切って2日連続のセーブを記録。この2連続セーブから、森の守護神としてのシーズンが始まった。

 登板数はキャリアハイとなる66試合。目標としてきたルーキーイヤーから5年連続の50試合以上登板を成し遂げるとともに、リーグで一番の守護神という肩書も手に入れた。

 森はタイトル獲得について「本当にここまでできるとは思ってなかったんで素直にうれしいです」と語るとともに、「デニス(サファテ)がいなくなってから9回をやらせてもらって、そこでこういう成績が出て自分自身もうれしいですし、デニスもきっと喜んでくれていると思います」と、普段から仲のいいサファテの名前を出して微笑んだ。

 さらに「開幕後にデニスと(岩嵜)翔さんが怪我して、まさか自分がやるとは思ってなかったし、本当にここまでできると思ってなかったんで、自分の自信にもなりました」といい、今回のタイトル獲得が「僕の分岐点になるかもしれない」とも語る。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」