野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹打線はどうやって苦手の上沢を攻略したのか 打撃コーチが明かす“ある狙い”

ソフトバンクが先勝し、ファイナルステージ進出に王手をかけた。13日、本拠地ヤフオクドームでの日本ハムとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファーストステージの第1戦。1点を先制された直後の攻撃で一挙に5得点を奪って、日本ハム先発の上沢を攻略。そのまま押し切って、大事な初戦をモノにした。

初回に逆転満塁本塁打を放ったソフトバンクのデスパイネ【画像:(C)PLM】
初回に逆転満塁本塁打を放ったソフトバンクのデスパイネ【画像:(C)PLM】

初回無死満塁から柳田適時打、デスパ満塁弾で大量5得点

■ソフトバンク 8-3 日本ハム(13日・ヤフオクドーム)

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継&ソフトバンク戦見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 ソフトバンクが先勝し、ファイナルステージ進出に王手をかけた。13日、本拠地ヤフオクドームでの日本ハムとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファーストステージの第1戦。1点を先制された直後の攻撃で一挙に5得点を奪って、日本ハム先発の上沢を攻略。そのまま押し切って、大事な初戦をモノにした。

 最大3試合の“超短期決戦”のファーストステージ。その初戦、勝負のポイントは、まさかの初回に待ち受けていた。日本ハム先発は今季2勝4敗、防御率2.20に抑え込められていた上沢。苦手の右腕に鷹打線は、いきなり牙を剥いた。

 上林が左翼線にポトリと落ちる幸運な二塁打で出塁。明石が四球を選んで繋ぐと、中村晃の一塁線上へのボテボテのゴロも内野安打に。いきなり満塁のチャンスを作ると、柳田が上沢の初球、武器であるフォークを右前に弾き返して同点に追いついた。

 続くデスパイネは、1ボール2ストライクからの4球目、外角高めの真っ直ぐを弾き返して右翼スタンドへと運んだ。一気に4点のリードを奪うグランドスラム。いきなり1死も奪われることなく、怒涛の猛攻でいきなり5点を奪い取った。

 なぜ、鷹打線は苦手だった上沢を攻略できたのか。

 勝負のポイントを、立花義家打撃コーチはこう語った。「ファーストストライクをまず打ちにいこうと。初球にスイングを入れていく、というのをやった」。ソフトバンクの打者たちの狙いは、上沢が投じてくるファーストストライク。上林は初球から振りに行き、中村晃と柳田はともに初球。デスパイネも初球を打ちに行き、空振りしていた。

 積極的に打ちに行く姿勢を全面に押し出したのが、そこには、1つの意図があった。同コーチは言う。「上沢投手は初球、ファーストストライクが1番甘い投手」。上沢の持ち味は150キロに迫る真っ直ぐと鋭いフォーク。見逃してファーストストライクを取られると、その後はフォークを意識せざるを得なくなる。ファーストストライクよりも、セカンドストライクの方が厳しくなる傾向もあり“ファーストストライク”に狙いを定めていた。

 「とにかく立ち上がり」と、どんな投手でも不安の残る初回に集中していたソフトバンク打線。上沢自体の調子も「ストレートもちょっと沈んでいたし、フォークも良くなかった」というが、さらには「フォーク、フォークと考えずにいった」と上沢最大の武器であるフォークも意識から外すように指示していた。13球で試合の行方を決めた猛攻。王手をかけたソフトバンクは、こうやって苦手の上沢を攻略した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」