野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太、ヒヤリ大飛球も…1点リード死守 ド軍逆転勝利でリーグ優勝決定Sは1勝1敗に

前田健太、ヒヤリ大飛球も…1点リード死守 ド軍逆転勝利でリーグ優勝決定Sは1勝1敗に

ナ・リーグ優勝決定シリーズの第2戦が13日(日本時間14日)、ミルウォーキーのミラー・パークで行われ、ドジャースが敵地でブルワーズに4-3で逆転勝利。前田健太が8回途中から登板し、ヒヤリとする大飛球を打たれるも、右飛に仕留めて1点のリードを死守した。

8回途中に登板したドジャース・前田健太【写真:Getty Images】
8回途中に登板したドジャース・前田健太【写真:Getty Images】

グランダーソンに大飛球を打たれるも…1/3回を無失点でPOは3戦連続無失点

■ドジャース 4-3 ブルワーズ(日本時間14日・ミルウォーキー)

【PR】大谷翔平、衝撃のMLB1年目を振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ナ・リーグ優勝決定シリーズの第2戦が13日(日本時間14日)、ミルウォーキーのミラー・パークで行われ、ドジャースが敵地でブルワーズに4-3で逆転勝利。前田健太が8回途中から登板し、ヒヤリとする大飛球を打たれるも、右飛に仕留めて1点のリードを死守した。ドジャースは1勝1敗のタイとして、15日(同16日)の第3戦から本拠地ドジャースタジアムに戻ることになった。

 序盤はドジャース先発・柳賢振、ブルワーズ先発・マイリーの投手戦に。柳は4回まで4安打無失点、マイリーは1安打無失点と好投を続けた。1回1死一塁の場面では、フリースのセンターへの大飛球をケインがフェンス際でキャッチ。ケインが捕らなければボールは完全にフェンスを越えており、マイリーを救う“ホームランキャッチ”となった。

 試合が動いたのは5回。1死走者なしで、4番アルシアがセンターへ先制のソロ弾。日ハム・アルシアを兄に持つ24歳の若手が均衡を破った。さらに、ピッチャーのマイリーが中前打、ケインがレフト線への二塁打で1死二、三塁に。ドジャースはここでマドソンを投入。イエリッチを申告敬遠で満塁策を取ったが、ブルワーズはブラウンの遊ゴロの間に1点を加えた。

 ブルワーズは6回、ドジャースの3番手ウッドからショウのソロ弾で貴重な追加点を奪取。一方、ドジャースは7回にベリンジャーのタイムリーで1点を返すと、1死満塁でバーンズが押し出し四球で1点差。なおも満塁の好機が続いたが、代打グランダルはニゴロ併殺打。ここはブルワーズの救援右腕ジェフレスが踏ん張った。

 しかし、ドジャースは8回に試合をひっくり返す。無死一塁でターナーがレフトスタンドへ逆転2ラン。ミラー・パークは静寂に包まれた。

 8回、ドジャースは7回から登板していたバエズを続投させ、代打サンタナは三振。ここで左腕ファーガソンにスイッチし、左打者のムスタカスに当てるも四球。続くショウは内野ゴロに仕留めたが、併殺は取れずに2死一塁に。ロバーツ監督はここで前田をマウンドに送った。

 ブルワーズはクラッツの代打にベテランの左打者グランダーソンを送ると、前田は初球から3球連続ボール。直球でストライクを取った後、5球目も93マイル(約150キロ)の直球を投じたが、ライトへの大飛球を打たれた。いい角度で上がった打球に敵地ミラー・パークは大歓声に包まれたが、フェンス手前で右翼プイグがキャッチ。歓声はため息に変わった。前田は1点のリードを死守し、地区シリーズから今プレーオフ3試合連続無失点とした。

 ドジャースは9回を守護神ジャンセンが抑えて逆転勝利。1勝1敗のタイとして地元ロサンゼルスに戻る。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」