野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹、高田の適時打で追いつく 失点繋がる失策の汚名返上、2度の美技も

ソフトバンクが終盤に試合を振り出しに戻した。14日、本拠地ヤフオクドームで行われた日本ハムとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦。王手をかけてこの試合を迎えたソフトバンクは1点ビハインドの7回、高田が左前適時打を放ち、ついに同点に追いついた。

ソフトバンク・高田が左前適時打、同点に追いつく
ソフトバンク・高田が左前適時打、同点に追いつく

1点ビハインドの7回、マルティネスから左前適時打

■ソフトバンク – 日本ハム(14日・ヤフオクドーム)

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクが終盤に試合を振り出しに戻した。14日、本拠地ヤフオクドームで行われた日本ハムとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦。王手をかけてこの試合を迎えたソフトバンクは1点ビハインドの7回、高田が左前適時打を放ち、ついに同点に追いついた。

 汚名返上の一打だった。4回、自身の悪送球で出した走者が2点目に繋がっていた高田が起死回生の一打を放った。1点ビハインドで迎えた7回、先頭のデスパイネが三塁線を破る二塁打を放って出塁。グラシアル、松田が凡退して2死三塁となったが、ここで打席に立った高田が三遊間を破る左前適時打。ソフトバンクが同点に追いついた。

 4回にエラーを犯していた高田だが、5回には中島卓が放った痛烈なライナーを横っ飛びでダイビングキャッチ。7回にはアルシアが放った後方への小飛球に、懸命に飛びついて好捕した。2度のファインプレーでもチームを救っていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」