野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ハム大田、値千金V打 フルカウントからの真っ直ぐ弾き返し「何でも打つくらい」

日本ハムが接戦を制してファイナルステージ進出に逆王手をかけた。14日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンクとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦。初戦に敗れて後のなくなった日本ハムに大きな1勝をもたらしたのは、大田泰示外野手の一振りだった。

決勝打を放った日本ハム・大田泰示【写真:編集部】
決勝打を放った日本ハム・大田泰示【写真:編集部】

8回2死二塁から加治屋のストレートを弾き返す

■日本ハム 4-2 ソフトバンク(14日・ヤフオクドーム)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 日本ハムが接戦を制してファイナルステージ進出に逆王手をかけた。14日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンクとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦。初戦に敗れて後のなくなった日本ハムに大きな1勝をもたらしたのは、大田泰示外野手の一振りだった。

 先発のマルティネスが、高田に適時打を浴びて同点に追いつかれ、嫌なムードが漂い始めたところだった。8回。2死から西川が右中間フェンス直撃の二塁打を放って出塁し、2死二塁のチャンスで大田が打席に入った。

 1ボールからの2球目、3球目のフォークを2球連続で空振りし、追い込まれた。続く4球目、5球目のフォークは見極めてフルカウントとなると、6球目の真っ直ぐはファウルに。「食らいつくしかないと。どんな球が来ても、なんとか外野の前、内野の間抜ければいいという感じだけ。もうなんでも打つくらいの(気持ちだった)」。粘って迎えた7球目、2球続いた加治屋のストレートが甘くなったところを逃さなかった。鋭く弾き返された打球は左翼手の頭上を超えた。値千金の勝ち越し適時二塁打。続く近藤も右中間を破る適時打を放って、この回の2点が勝利に繋がった。

 試合後のヒーロインタビューに臨んだ大田は、今季限りで現役を引退した矢野謙次外野手のユニホームを纏っていた。前日無安打に終わり、“兄貴分”に電話。打撃面でのアドバイスなどをもらい「落ち着かせてくれました。昨日の三塁ゴロとか(体が)開いていたし、修正点とかをしっかり見てくれて言ってくれたりする。今日結果が出てよかった」と感謝した。

 前日は無安打、4打席目には代打を送られていた大田。シリーズ初安打が、チームを崖っぷちで踏みとどまらせる一打となり「悔しい思いもあります。でも、またスタメンで選んでくれて、4打席目にも立たせてくれて。結果を出せたことは自信にもなるし、勢いづいていける要因になるかもしれないですね」。日本ハムい希望をもたらす大田の一打。この1本が、シリーズの行方を左右する分岐点となるかもしれない。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」