野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹デスパが2打席連発の超特大弾 中村晃は2者連発、ソロ5発で5得点

ソフトバンクと日本ハムが戦う「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファーストステージは15日、ヤフオクドームで第3戦が行われた。ソフトバンクは勝つか引き分け、日本ハムは勝てば、ファイナルステージ進出が決まる一戦。ソフトバンクは1点差とされた6回にデスパイネが2打席連発となる特大弾を放って、再びリードを広げた。

ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ【写真:編集部】
ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ【写真:編集部】

初回の明石のソロに始まり、デスパ2発、松田にもソロ

■ソフトバンク – 日本ハム(15日・ヤフオクドーム)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 ソフトバンクと日本ハムが戦う「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファーストステージは15日、ヤフオクドームで第3戦が行われた。ソフトバンクは勝つか引き分け、日本ハムは勝てば、ファイナルステージ進出が決まる一戦。ソフトバンクは1点差とされた6回にデスパイネが2打席連発となる特大弾を放って、再びリードを広げた。

 2番手の石川が6回、近藤に適時打を浴びて1点差とされた直後だった。デスパイネが、日本ハム4番手のトンキンが1ボール投じた2球目、内角高めの真っ直ぐを弾き返すと、打球はスタンドへ一直線。快音を残すと、左翼ポール際へと舞い上ると、ファウルゾーンに切れるどころか、フェアゾーンに戻ってくる驚愕の当たりに。ヤフオクドームのスタンド上段まで届き、超特大の一発になった。

 日本ハム栗山英樹監督のこの試合2度目のリクエストによりリプレー検証が行われたが、判定は覆らず。再びリードを広げるソロになると、続く中村晃も右翼スタンドへのソロ本塁を放ち、2者連発でリードを拡大。この日のソフトバンクは初回の明石のソロ、デスパイネが2打席連発、松田、中村晃とソロ5発で5点を奪った。

 貴重な追加点となる一発を放ったデスパイネは「ファールにならなくて良かった。完璧だったよ」と自画自賛。ダメ押しとなる2者連発の中村晃は「デスパのいい勢いのままに打ちにいきました。追加点になって良かったです」とコメントした。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」